健康維持増進住宅

月一回送られてくる某住宅機器メーカーの冊子があります。
今回の特集は「健康維持増進住宅」・・・・いかにも高齢化社会のワードですね。
☆長寿国日本で元気に暮らせる住宅のあり方を考える☆
☆老化のカーブを急激に下げずにずっと健康で生きていく為の工夫☆
などなど・・・。

この中には家の中の様々な部分を省略化することが
果たして老化のカーブを緩くするか?
とか
バリアフリーは今では当たり前のようになっているがここでは
「適度な負荷が体力維持に効果がある」という別の側からみた
考えもあるのでは?と述べています。

例えば高齢者には家事も運動のひとつと見なし
楽過ぎない程度の「楽しく出来るキッチン」を工夫したり
2階建ての家では減築により2階をなくし平屋にして
階段のない生活で部屋の移動が楽に安全になる。
またペットも健康維持にとって精神的にいい面もあることから
共生のための音や臭いの対策なども講じる等など・・・

お年寄りにいいと思って開発されたり工夫されてきたものが
果たして本当に親切なのか?
という問いかけにある意味驚きでした。

楽に楽には嬉しいことだけど
確かに体のためには良くないのかもしれません。
ただ適度な負荷というのもこれまた難しいところです。
家にはそれぞれ違う年齢の家族がいて
それぞれのライフステージがあります。
その辺をどう上手く工夫するかが問題ですね。

この健康維持住宅にまず上げられているのが
木材・建材でした。
木材の持つ匂い・手触り・視覚(木目など)・調湿性・などなど
「木」は人間に計り知れない影響を与えてくれます。
今、実際木に囲まれた家に住んでいて感じるのは
思わず大の字になりたくなるようなホッとする「あたたかさ」。

健康維持には機器などハード面も重要ですが
ソフト面の気持ちいい~♪と感じる暮らしもまた大切ですよね^^
by touryounoie | 2008-06-26 09:06 | 本・新聞 | Comments(0)

我が家を建ててから今年で15年目。味わいは増すばかり!ご見学お待ちしています☆


by touryounoie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31