もっと・・もっと・・・と思う✰

お正月休みの間にいろいろな本を読む時間がありました。
はあちゃんがクリスマスプレゼントは本がいいということで
暮れにふたりで久々に有隣堂へ☆

自分にも買っていこうとアマゾン以外で
書店で本を買うのも久しぶり。
やっぱり本屋さんていいなあ~と。
そんなことがきっかけで
このお正月はいろいろな分野の本を探したりしているうちに
ネットで見つけた言葉に妙に惹かれました。

「昨日より上手になり、今日よりは上手になりして、
一生日々仕上ぐる事なり。これも果てしなきといふなり。」

この「上手」という言葉に親しみがわきそれから先の言葉も
苦手な私にもわかりやすい感じがありました。
すぐにこれは夫の仕事にも通じるものがあると思い
興味深々その一節の前段を読み進めました。

あとでわかったのは「葉隠」の中にある一節ということ。
剣術の修行のことが書かれているらしく
読んでいると前にどこかで聞いた言葉に重なりました。

以下文章が長くなりすみませんが書きますね。
カッコは私が読んで解釈したこと^^
間違ってるかもしれません。。。

一生の間修行に次第があるなり。
下の位は修行すれども物にならず、我も下手と思ひ、人も下手と思ふなり。
この分にては用に立たざるなり。
(習い立ては自分でも下手くぞと思いそして他人からも下手と思われるしまだ役に立たない)

中の位はいまだ用には立たざれども、我が不足目にかかり、人の不足も見ゆるものなり。
(少し修業が進むとまだ役には立たないが何が出来ないかがわかり、他人の出来ないこともわかるようになる)

上の位は我が物に仕なして自慢出来、人の褒むるを悦び、人の不足を嘆くなり。これは用に立つなり。
(修行が完成に近づくとすることを自慢できるほどになり人から褒められるのを喜び
他人の出来ないところを嘆くこともある。そこまでになると役に立つ。)

上々の位は知らぬふりして居るなり。人も上手と見るなり。大方これまでなり。
この上に、一段立ち超え、道の絶えたる位あるなり。その道に深く入れば、
終に果てもなき事を見つくる故、これまでと思う事ならず。
我に不足ある事を實に知りて、一生成就の念これなく、自慢の念もなく、卑下の心もこれなくして果たすなり。
(役に立つまでになったがそれ以上にさらに修行を進めていくと色々考えず、
他人からも上手と認められる。ここまでで十分だがそれ以上の境地に入ることがある。
深く知るほど修行に終わりの無いことに気がつき自分に至らぬことがあることを
知り足りないことをさらに追及していく)

どこかで聞いた言葉とは
夫から折に触れ聞く言葉です。
大好きな仕事にもう50年以上も就けてしあわせ者だね・・と言うと
「まだまだ・・もっともっと上手くなりたい
もっともっと工夫できないかといつも思う・・
これでいいと思うことはないんだよ」と。

明日よりは今日、今日よりはさらに上手に・・という一節。
夫に限らず厳しい修行をする全ての人たちに
共通する気持ちなんだと思います。

もっと・・もっと・・・と思う✰_c0152341_23210632.jpg

上に書いた剣術者の修行と都合よく一緒にしてはいけないかもしれませんが
少なくとも私には通じるところがあるように思えて
こんなに長く書いてしまいました。

技を身に付けることの厳しさと奥深さは
今一緒に働いている若い職人さん達も通る道✰
見て覚えろ・・ということが今も普通にある世界です。

長く険しい道。
これでいいというまで存分に腕を振るって欲しいと思います。

今年も手仕事で造る木の家を
ご依頼頂くすべての施主様に喜んで頂けるよう届けたいと思います。



今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^ポチっとが励みになります!!!

棟梁のお家訪問ブログへようこそ!
こちらもよろしくね!→
 只今建築中!クボタ住建の現場だより


にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村

by touryounoie | 2022-01-07 10:49 | 大工さんのこと | Comments(0)

我が家を建ててから今年で17年目。味わいは増すばかり!ご見学お待ちしています☆


by touryounoie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30