なんだか居心地が良すぎてまるでずーっとここに居たみたいです。☆

久々に机の中の整理をしていましたら施主様からのお手紙が☆
以前にいただいたお手紙をあらためて読み返しました。
そこには奥様からのもったいないほどのお気持ちが書かれていて
読み進めていくうちに力いっぱい応援して頂いているような励まされているような・・
思いがけない時に思いがけないほどの大きなエネルギーを
いただいたような気持ちになりました。

お手紙から抜粋させていただきます☆
奥様から掲載許可をいただきました^^

新居に住みはじめてもうすぐ2か月になろうとしています。
なんだか居心地が良すぎてまるでずーっとここに居たみたいです。
手狭なマンションで仮住まいしていたことも、そこを借りるのに苦心したことも
銀行に何度も行ったことも、今となってはよい思い出となり
ついこの間なのに、ずっと前のことのようです。
子供たちが大きくなってそれぞれのスケジュールで動くようになった我が家も
このお正月2~3日はみんながそろいました。
すごく嬉しかったことは普段離れて暮らしている長男が
初めて完成した新築のお家に入った時「スゲー!」を連発。
想像していたよりはるかに素敵だったそうです。
家族みんなが満足できることは私の願いでもあったので本当にうれしかったです。
リビングのじゅうたんの手配も間に合わずないままでしたが
無垢の床は気持ちよくて子供たちはそのままゴロゴロくつろいでいました。
もう一つうれしかったのは夫が年末に
「今年最高のことは〇〇(奥様のお名前^^)が久保田さんを連れてきたことだね」と
言ったことでした。

大きなサッシを入れたリビングはサンルームのようにおひさまの光が入り
出かけずにずっと家に居たくなってしまいます。

思えば10年前実家が中越地震の被害を受けた頃から
古い家の建て替えを願い始めました。
私の仕事が忙しく週に何日も子供だけで夜も留守番をさせるため
安全面では様々な心配を抱えていました。
また物理的にも「とりあえず」が多くなり子供たちに
暮らし方を伝えられないことも悩みでした。
そうは言っても何をどこから手をつけてよいのやら
何年間は時間を見つけては展示場に足を運んだり
資料を取り寄せたり、リフォームの見積もりをとったり・・・
そして出会った神奈川新聞!でした。
慌ただしい職場の休憩時間の中で読んだ記事でしたが
「人の住む家を人の手で建てる当たり前のことを大切に」という
棟梁のお人柄と情熱がガツンと伝わってきました。
併せて人と育ちあう自分の仕事にも共通する思いを感じ
とても共感したことを覚えています。
その後勇気を出して!資料請求させて頂き
返信の封筒に入っていた手書きのメッセージ。
出会いを大切にして頂いていると感激。
もう間違いない!と伺わせていただきました。
初めてお会いしたあの日、元々人見知りな私ですが
いろいろおしゃべりをしてしまい親身に銀行のことまで相談にのって頂きました。
思いが形になる間相変わらず慌ただしい生活でしたが
地鎮祭や上棟式もさせて頂いてとてもよい経験でした。
物事の節目は気持ちも新たになり大切ですね。
人の力と共に土地や自然とつながって家を建て生活するんだということも
感じることができました。
今でも通勤途中などに家を建てているとつい楽しみに見てしまいます。
でも建て方も本当にいろいろあると感じ
我が家は久保田さんに建てて頂いてよかったとつくづく思います。
本当にありがとうございました。
なかなか思うように建築中の現場に通えませんでしたが
それでも何度か見せて頂いたことで柱にも床にも棚ひとつにも
棟梁さんはじめ職人さんの仕事姿が浮かびます。
子供たちにも「新しいお家だからきれいにしたいというだけでなく
ひとつひとつ丁寧に手でつくられたものだから大事に使いたいの」と
話しています。
これからもこのお家と共に人との出会いや物との向き合い方を大切に
ささやかな楽しみもつくりつつ元気に暮らしていきたいと思います。

クボタ住建さんの素晴らしいお家が
これからもいろいろな家族の幸せを支えていくことを
確信しつつ・・・   以下略

何気なく整理し以前頂いたお手紙を読み返し
その深い深いお言葉に今さらのように感謝の気持でいっぱいになりました。
身に余るお言葉とはこのことです。

もちろん夫もお手紙を読ませていただきました。
言葉にならない・・という顔をしてじっと読んでいました。
「有難いねえ・・嬉しいねえ・・」とつぶやいていました。

お手紙の施主様はお建替えだったこともあり
奥様から是非思い出の柱を新築の家のどこかに使って欲しいという
ご希望を受けました。
その柱は3人のお子様の背丈が刻まれた大事な思い出の柱。
今は立派に成長されたお子様たち。
我が子の成長を願いこの数字を刻んでいたころの懐かしい思い出もつまっていますね。
夫が選んだ場所はお家に入ったすぐに見えるところにその柱を☆
不思議と違和感なく収まっています^^
柱を囲む建具も年月を経ていくと色合いも混ざり合い
そこがまた木の良さでもありますね。
時を経て馴染んでいく・・・未来への楽しみがわきます。

なんだか居心地が良すぎてまるでずーっとここに居たみたいです。☆_c0152341_23351593.jpg


日々見える場所にそっと建つ柱。
新しいものだけが価値があるわけではないですものね。

思いと思いがつながること。
そのことをこれからも大目標にしていきたいと思います。

お引渡し当時の夫と私。
相変わらずの大笑い顔ですが^^
なんだか居心地が良すぎてまるでずーっとここに居たみたいです。☆_c0152341_23353982.jpg



クボタ住建のホームページはこちらです☆

今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

にほんブログ村
by touryounoie | 2017-07-08 22:50 | 施主さまからのお言葉 | Comments(0)

我が家を建ててから今年で15年目。味わいは増すばかり!ご見学お待ちしています☆


by touryounoie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31