座間の家☆地盤調査と改良工事

座間のお家も一歩ずつ工事が進んでいます。
先日は地盤調査を行いました。
造成した土地を購入しかなりの盛り土があるため
改良工事は必須と覚悟して結果を待ちました。
やはり盛り土の部分が「非常に軟弱」な数値との結果。
ただしその下の層は固い地盤で形成されているとのこと。
今回も鋼管杭工法で支持層までしっかり改良工事を行いました。

座間の家☆地盤調査と改良工事_c0152341_9105153.jpg


こうして今は地盤調査を行うことが当たり前のようになりましたが
ずっと以前は建築時にそのようなことをすることもないままに
家が建てられることも多かったと思います。
テレビなどでも地盤沈下によって建物に影響を及ぼしている事例も数多く紹介され
地盤沈下の怖さを知ることとなりました。

今は建築時に住宅瑕疵担保保険の加入が義務付けられ
保険に加入しなければ家を建てることができないような仕組みになっています。
保険加入時には地盤調査を行うことやその結果改良工事が必要な場合は
工事後の報告書も提出しなければなりません。

施主様も工事本体価格の他に
地盤改良工事を想定した資金計画を立てることが浸透しているように見受けます。
調査結果により改良工事が必要でない場合も多々あります。
結果のお知らせには私もいつもドキドキします。
固い地盤が予想できる土地でも地面の下のことは
調査をしてみるまでわかりません。
丘陵地でも山からの水の通り道にあたっていたり
土質が思っていた以上に軟弱だったり。

改良工事が必要な結果となった場合でも
しっかり補強工事を施すことでその土地の上に建てる
施主様の家が守られることになります。
欠かすことのできない大事な工事です。

ということで座間のお家も調査後に
土地の地下4メートルほどの所の固い地盤まで
鋼管杭を打っていく工事を行いました。


座間の家☆地盤調査と改良工事_c0152341_9155499.jpg


家づくりはもうここから始まっているのですね。
建物の地下にこのような杭が補強されていることも
家が建った後には忘れてしまうかもしれません。
これから遣り方を出し基礎工事が始まっていきますが
それらはすべて家が建つと見えないものになります。
そう思うと見えるところは工事全体の一部に過ぎないのですね。

見えないからこそ手を抜かない。
それが家づくりの肝のようなものかもしれません☆



クボタ住建のホームページはこちらです☆

今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

にほんブログ村
Commented at 2015-07-10 09:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by touryounoie at 2015-07-11 08:17
ひよこさん☆すっかりご無沙汰しております。
コメントとっても嬉しく読ませていただきました^^
ありがとうございます!
はあちゃんもお家を建てることをとても楽しみに待っていてこのあいだの地鎮祭の前の日も嬉しすぎてなかなか眠れなかったそう^^
地鎮祭が終わったあとに宮司さんへお手紙を渡してました。
中身の一部を娘が覗いてみたら「じいじが屋根から落ちないように」書いてあったみたいで宮司さんからは「ちゃんと神社に持っていってお祀りしておくね」と言われ嬉しそうにしてました。
今日も晴れ間が広がり久々の太陽がうれしくて気持ちも晴れ晴れです!
枕木の数もたくさんでしかも重たいので少しずつ無理のないようにしてくださいね☆

by touryounoie | 2015-07-10 09:06 | 新築☆座間立野台の家 | Comments(2)

我が家を建ててから今年で15年目。味わいは増すばかり!ご見学お待ちしています☆


by touryounoie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31