相模原市南区の家☆現場打ち合わせ

上棟日からずっとお天気に恵まれている相模原市南区のお家です。
施主様ご家族は毎週末現場へお越し下さいます^^
この日は電気工事業者さんと初対面。
電気の配線・照明器具の位置・コンセント諸々・・・
電気工事は施主様にとっても今後の暮らし易さに直結する大事な工事でもあります。

ボクも大人に交じってしっかり打ち合わせに参加してますね^^

相模原市南区の家☆現場打ち合わせ_c0152341_21233435.jpg


工事業者さんと会って頂き直接確認することも大切な時間です。
施主様もとても熱心にこだわりを持ってのお打ち合わせが続きました。

限りなくご希望にそえるようにといつも思いながら
私自身は電気のこと全く自信がありません・・・・
というかかなり苦手な分野です。

ちょうどサクラの床材が貼られているところでした。
そこへ夫がスギの床材を搬入。
床材ってこんなに長かったのかと思うほどかなりの長物。
材には吉野杉の赤と書いてあります。
赤とは木材の芯の部分を指す名称です。
赤身とも言います。
まるでマグロの赤身みたいですね^
なかなか良いものだそうでこれもまたご縁ですね。

サクラもスギもきっとこのお家と深いご縁でつながり
これからじっくり時を経ながらご家族の暮らしに温かみをそえてくれるはずです^^
世界にたったひとつの家は床材ひとつとってもどこにもないものです。
ひとつひとつの木がそこに来るべきして来るのでしょうね。
そう思うと今私の足元にある床材にも一層愛着が増します。

木の家って自然から頂くご縁が作り出すものなのですね。
一棟一棟のお家すべてにそのお家にしかない温かさを感じるのもそれが理由かもしれません。

夫がそんな素晴らしい仕事に関わらせて頂いているだけで
本当に嬉しく有難く思います。

サクラの材の節目が濃くくっきりしている部分がありました。
自然のものなのでどうしてもそんな柄も出てしまいます。
傍で貼っていた弟が
「そこはキッチンの下になるから見えなくなるよ、だからそこに貼ったんだ」と教えてくれました。
職人の誰にも知られない小さな気持ちの積み重ねも一味加えられているのだなあと知りました。

施主様には気付かれないところに気を使うこと。
夫は知られなくてもいいんだ・・といつも言います。
見られないところに工夫することこそ
夫にとって粋だと思っているフシが・・・・^^

今日は二階のスギ材を貼り始めたとか・・・・
無垢の木の床もしばらくは養生シートの下に隠れてしまいます。
ちょっと残念ですが完成間近になり
養生シートが剥がされワトコオイルが塗られると
一層木の床が引き立ち足元に温かく感じることと思います。

待ち通しい瞬間まで今しばらく・・・・ですね☆










クボタ住建のホームページはこちらです☆

木材利用ポイント実施中
相模原市南区の家☆現場打ち合わせ_c0152341_21535565.jpg

今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

にほんブログ村
by touryounoie | 2013-12-18 20:48 | 新築☆相模原市南区の家 | Comments(0)

我が家を建ててから今年で15年目。味わいは増すばかり!ご見学お待ちしています☆


by touryounoie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31