左官屋さんがいなくなる!?

先日ある左官屋さんとお話する機会がありました。
その方はその道50年というベテランの職人さんでした。
お話していたらとてもショックなことを聞きました。
それは今作っている多くの家で左官屋さんが仕事をする場面がなくなっているということ。
その方も昔から使っていた土をこねるための機械や道具を次々に手離したと言っていました。

土間の洗い出し工事過程で専用に使う霧吹きできるような道具などももう手元にはないと・・
処分してしまったらなかなか手に入らないようなものもたくさんあったはず。

そんな大事な商売道具をなぜですか・・と尋ねたら
「機械や道具は使わなくなるとすっかり痛んでしまうんだよ」と。
寂しい言葉でした。
そして左官屋さんを取り巻く状況はそこまで大変なのだと思いました。
誰も使い慣れた機械や道具を好きで手離す人はいませんもの。

私にはショックなお話でしたがその左官屋さんは
昔のような仕事がすっかり減ってしまってからずいぶんと長い時間が経っているせいでしょうか
もうすっぱりとあきらめに近いような表情をされていました。

今の家には左官の出番はないんだよ・・・
そうなんだ・・・

言われてみたら確かに内装も外装も左官屋さんの手を借りずとも
いくらでも仕上げることができちゃうんですね。
現場はすっきりときれいなまま仕上がっていく・・・そんな光景を想像しました。

土を練ってそれをコテで仕上げていく
木をカンナで削って造作していく
現場は必ず汚れます。
汚れる現場を掃除しながら
なでるように家を愛しみ
きれいに仕上げてお引き渡しをする
そこには見えない職人さんたちの
ぬくもりと誇りがきっと伝わるはず

でもいつかそれは昔々の風景になってしまうのかな・・・
ちょっと悲しくなってしまいました。

夫の作る家ではまだまだ左官屋さんは欠かせません。
左官仕事は内装の仕上げのヒーローのようなものです。

手間暇かかる仕事を簡略化することは簡単ですが
やっぱりクボタ住建にとっては時代に逆行しても
どうしても手のぬくもりを伝えていきたいと
左官屋さんとお話しながら思いを新たにしました。

c0152341_23574895.jpg



クボタ住建のホームページはこちらです☆

今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

にほんブログ村
by touryounoie | 2013-02-06 23:46 | 家作り | Comments(0)

今年もあと二ヶ月となりました。来年は14年目を迎える我が家。年季が入りさらに格別の住心地!


by touryounoie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30