「蜘蛛の糸」

「蜘蛛の糸」は芥川龍之介の短編小説です。
・・・・と今は言えますがこの間まで知りませんでした><

この小説のことを聞いたのはお世話になっている会計士さんから。
24年前のクボタ住建創業当時から
ずっとお願いしている会計士さんです。

先日今期の決算が無事終了しその方の事務所にお邪魔してきました。
用事も終わり雑談の中で珍しく自分史を語ってくださいました。
いつもは世間話やお孫さんのお話でしたのにその日は何故かそのような話に・・・

恵まれない環境の中でお母様の影響もあり(ここまではビートたけしさんと同じかも・・)
向学心だけで一生懸命先へ先へと進んでこられたそう・・・
小学校の時の担任の先生に蜘蛛の糸の話を聞いたことが今も忘れられないと。

小説「蜘蛛の糸」の内容はこちらです^^
http://www5b.biglobe.ne.jp/~michimar/akuta/031.html
同じような家庭環境にあり今は弁護士さんをしている同級生と
昔を振り返り思ったことは・・・・・
「おれたち蜘蛛の糸が切れないよう一生懸命這い上ってきたんだなあ・・・」
小学生の時に先生から蜘蛛の糸の話を聞いたときのことを昨日のことのように覚えていると。
ハングリーな気持ちで努力を重ね今充実した日々を送られている方の言葉は
本当に深くて重いものがありました。

細くて弱そうに見える・・それでもじゅうぶんに強い蜘蛛の糸。
それぞれの人にとっての蜘蛛の糸。
とても奥深い意味がありそうな気がします。

良いお話を聞きそれを今の自分に置き換えてみると・・・
私の場合の「一本の蜘蛛の糸」はお客様へつながる糸だと思いました。
見えない位細く光ったその糸。

お客様とのご縁という細い細い糸を
切らすことなくゆっくりと無理せず焦らず
つながっているということを大事にしていきたいと思いました。

細い長い糸の先には出会いに感謝すべき
答えが待っているかもしれません。
切れてしまう糸もあるかもしれません。

ゆっくりゆっくりその先を見つめていきたいなあと思います。

今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ  にほんブログ村住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村
by touryounoie | 2012-09-30 16:31 | ひとり言 | Comments(0)

今年もあと二ヶ月となりました。来年は14年目を迎える我が家。年季が入りさらに格別の住心地!


by touryounoie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30