ガルバリウム外壁貼り

新年も現場工事は順調です!

ちょっとマニアックな画像☆
東側&西側外壁昨年暮れに終了しました。

ガルバリウム外壁貼り_c0152341_161239.jpg


この貼り方は平貼りというらしい。
10センチごとくらいに小さな溝を作り模様にしている。
この反対パターンも有りです。
パターンを好きなように選べるのも
板金施工ならではのこと。
大きな一枚のガルバリウム鋼板を
機械加工で好きな模様にできる。

溝が少ないほどガルバ板自体の消費量が少なくて済み
もちろん製品価格もリーズナブルに・・・ということになります。
逆に細い溝がたくさんになると鋼板も半端なく使うことになるので
価格は高くなる・・・という計算です。
カーテンに例えると2倍ヒダと3倍ヒダの違いという感じです。

今回は道路から見えにくい場所は価格を抑え
見える場所は加工の美しい細かい溝の外壁となります。
職人さんの手間は変わりませんが
鋼板自体の価格を上手く調整しながら
予算に合わせていきます。
柔軟な予算調整ができるのも
小さな工務店の腕の見せ所ですね^^

今は西側&南側のガルバを板金屋さんが
一枚一枚丁寧に貼っています。

それにしても板金屋さん、
ガルバリウムを貼る前の作業が実に大変そう。
角の部分や縁取り?の加工にとっても時間を費やすのです。
硬い鋼板を折り紙のようにキチンキチンと始末をして
はじめて綺麗な仕上げになるんですね。
職人さんが「貼るまでに時間がかかるんですよ」と苦笑いしてました。

銀黒のカラーがカッコイイですね。
今からその全貌が楽しみです^^
by touryounoie | 2011-01-10 16:18 | 現場から | Comments(0)

我が家を建ててから今年で15年目。味わいは増すばかり!ご見学お待ちしています☆


by touryounoie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31