中庭のシンボルツリーは?

今回もいつもお世話になっている造園屋さんが
完成が待遠しいお客様の庭の植木を選びに
生産畑に連れて行ってくれました。

あいにくデジカメを忘れてしまい残念・・。
今はちょうど芽吹きの時期で
見渡す限りに新緑の林でした。
雑木林の風情で様々な樹木の緑の
濃淡が混ざって実に美しかったです。

どれもこれもステキ~~~!
株立ちも良いけどタンカンもいいね。
タンカンって何?
幹が一本のもののことでした。

お客様のお目当ては「カツラ」
カツラはハート型の葉が可愛い人気の樹木です。
落葉樹で秋には黄色く紅葉して
ちょうど今頃は黄緑の可愛い葉っぱがすくすく育っていました。

c0152341_23521751.jpg


カツラはちょっと変わった香りがするそうです。
生産畑を管理している方の説明では
「お団子を醤油で焼いたような匂い」がするそう^^
面白いですねえ~~~。。。
初めて聞きました。
山を歩いていてもカツラだとわかるくらい匂うそうですよ。

4メートル近くのものをお願いしてきました。

もうひとつは生垣用の植木。
通称「レッドロビン」という新芽が赤い木が気になっていたので
そちらも説明を受けました。
今まで赤い木はすべてレッドロビンと思ってましたが
これが違ったのです。
ベニカナメモチという名前の木が別にあって
その違いは非常に微妙です。
レッドロビンは別名セイヨウベニカナメモチ。
造園屋さんが帰り道に住宅街や公園のそばを通りながら
こっちが「レッドロビンでそっちがベニカナメだよ」と教えてくれました。
その甲斐あって微妙な違いがわかり100%の正解率!
私的にはベニカナメモチの方がいいなあ~と思いました。
レッドロビンの葉は大きく容姿はダイナミックな感じ。
ベニカナメモチは葉が少し小さくすき間無くしっかり塊になってる様子。

私が散歩でステキと思っていた赤い生垣はベニカナメでした。
お蔭様でとても勉強になりました。

レッドロビン(Photinia × fraseri)といわれる種類は、このベニカナメモチと
中国原産のオオカナメモチとの交配種です。葉が少し大きめで耐寒性がやや強い(-10℃前後)
Photinia はギリシャ語で「輝く」、glabraは「無毛」と言う意味だそうです。


レッドロビンはこちら・・・

c0152341_0113914.jpg
c0152341_0115264.jpg


ベニカナメモチはこちら・・・

c0152341_0124159.jpg


微妙でしょう?
でも実際はよく見ると違いがわかるんですよ^^
どちらも新芽の時期の今がとても美しいです。

街を歩きながら一人でクイズのようにつぶやきそうだわ^^
Commented by みお~な at 2010-05-10 11:45 x
こんにちわ
なんだか とても楽しい発見のある日でしたね
誰もあんまり知らない違いがわかるようになる・・・ちょっと嬉しいですね

ブログを読ませていただいて有吉浩(ありよし ひろ)さんの小説「植物図鑑」とその主人公 一樹(いつき)君を思い出しました。
その小説では 植物の違いを楽しむシーンがいくつも出てくるんです。
私は この小説が大好きです。
Commented by touryounoie at 2010-05-11 12:01
みお~な様
コメントありがとうございます!
そうなんです^^
この年齢になっても新たな発見が嬉しくてつい書き込みました。
「植物図鑑」という小説があるのですね。
なんだか楽しそう~~。
私も読んでみたいです。
教えてくださってありがとうございます。
Commented by みお~な at 2010-05-11 22:12 x
こんばんわ~

楽しさがすごく伝わってきました
私も 見つけましたよ 小さいので ベニカナメモチの方ですね
今まで 違いを気にもとめませんでした
 
植物図鑑は デレデレの恋愛小説です
http://www.amazon.co.jp/植物図鑑-有川-浩/dp/4048739484

主人公が植物のことにものすごーく詳しい一樹君と出会って
どんどん植物に惹かれていきます 一樹君の野草を使った手料理もでてきます 
私は 子供の頃 出会った野草を思い出し 嬉しくなりました。

P.S. カツラの葉が こんなにかわいいとは知りませんでした。
Commented by touryounoie at 2010-05-12 21:12
みお~な様
私も普段は気にしてなかった葉が赤い植木でしたが
意外にも今回は勉強になりました。
植物図鑑は恋愛少説で植物が詳しく出ているとは
ちょっと面白いですね。
やっぱりちょっと読んでみようと思います。
カツラの葉ほんとに可愛いんですよ^^
by touryounoie | 2010-05-08 23:46 | 現場から | Comments(4)

棟梁の家も今年の夏に13年目を迎えます!年季の入ってきた我が家はさらに格別の住心地!


by touryounoie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30