曼珠沙華☆

c0152341_225509.jpg



最近朝が忙しく日課のウォーキングをサボってしまっていたほんの数日。
今日歩いていたら向こうのほうに真っ赤な花が群生していてびっくり^^
景色が大きく変わっていました。

いつもの川添いに咲く曼珠沙華の花。
別名彼岸花。
そういえばついこの間お彼岸だったことを思い出しました。
季節が定まらないような最近の気候ですが
自然はしっかり季節を感じそのままにいつものように
いつもの時期にいつもの場所に真っ赤な花を咲かせていました^^

平凡な日々の中で見るいつもの風景にほっと安心します。
見てきれいだなあと感じることができることに感謝☆

繰り返す季節がどんなに大事なものなのか
歳を重ねるごとにそんなことばかり考えてしまいます。

若い時には全く見えなかったものが見えてくるのが嬉しいです。
すぐそばにある自然から見て感じること・・・・何だか得した気分は
おめでたいのかしら・・・・
はっとしてわあ~!っと思う気持ちをいつまでも持てたらいいなあと思います。

冒頭の写真。
白い曼珠沙華がひかりの中に妖しげに映って見えました。
こんな花のかたち。。。。
葉っぱもないしまるで土からポンポンといきなり生えている感じ。
この造形は誰が作ったのかしら。。。
そう思うと本当に不思議なことばかりですね^^

先日はお客様ととっても不思議なご縁で出会うことができ
嬉しい不思議続きの今日この頃です。

今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ  にほんブログ村住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村
by touryounoie | 2012-09-30 22:55 | 植物 | Comments(0)

「蜘蛛の糸」

「蜘蛛の糸」は芥川龍之介の短編小説です。
・・・・と今は言えますがこの間まで知りませんでした><

この小説のことを聞いたのはお世話になっている会計士さんから。
24年前のクボタ住建創業当時から
ずっとお願いしている会計士さんです。

先日今期の決算が無事終了しその方の事務所にお邪魔してきました。
用事も終わり雑談の中で珍しく自分史を語ってくださいました。
いつもは世間話やお孫さんのお話でしたのにその日は何故かそのような話に・・・

恵まれない環境の中でお母様の影響もあり(ここまではビートたけしさんと同じかも・・)
向学心だけで一生懸命先へ先へと進んでこられたそう・・・
小学校の時の担任の先生に蜘蛛の糸の話を聞いたことが今も忘れられないと。

小説「蜘蛛の糸」の内容はこちらです^^
http://www5b.biglobe.ne.jp/~michimar/akuta/031.html
同じような家庭環境にあり今は弁護士さんをしている同級生と
昔を振り返り思ったことは・・・・・
「おれたち蜘蛛の糸が切れないよう一生懸命這い上ってきたんだなあ・・・」
小学生の時に先生から蜘蛛の糸の話を聞いたときのことを昨日のことのように覚えていると。
ハングリーな気持ちで努力を重ね今充実した日々を送られている方の言葉は
本当に深くて重いものがありました。

細くて弱そうに見える・・それでもじゅうぶんに強い蜘蛛の糸。
それぞれの人にとっての蜘蛛の糸。
とても奥深い意味がありそうな気がします。

良いお話を聞きそれを今の自分に置き換えてみると・・・
私の場合の「一本の蜘蛛の糸」はお客様へつながる糸だと思いました。
見えない位細く光ったその糸。

お客様とのご縁という細い細い糸を
切らすことなくゆっくりと無理せず焦らず
つながっているということを大事にしていきたいと思いました。

細い長い糸の先には出会いに感謝すべき
答えが待っているかもしれません。
切れてしまう糸もあるかもしれません。

ゆっくりゆっくりその先を見つめていきたいなあと思います。

今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ  にほんブログ村住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村
by touryounoie | 2012-09-30 16:31 | ひとり言 | Comments(0)

お菓子がいっぱい☆

c0152341_942123.jpg


はあちゃんのひとり遊びを見ていると本当に楽しいです。

キッチンからタッパや輪ゴムやほかにもいろいろ
「貸してね^^」って言いながら忙しそうにしています。
今日は知らない間に
テッシュにゴムでお団子状にした大量のお菓子が
出来上がっていました^^
おもしろ過ぎてつい写真をパチリしてしまいました。
それにしても子供もものってカラフルですね。
写真が一気にキッズカラーになりました。

「きょうはなににいたしましょうか?」とか
「しょうしょうおまちください」とか
「かしこまりました」とか・・・
笑っちゃいます^^

お店の方がよく使うマニュアル言葉をよく聞いているんですね~。
すっかりお店屋さん気分で絶好調のはあちゃん。

テッシュを丸めて輪ゴムでかたちを作ってそれなりにまあるく出来上がって
それをトレーに分けて・・・・・きっとはあちゃんの頭の中はウキウキフル回転♪

そこらにあるもので何かを作ることってとっても
よいことだなあと思いました。

最近買ったiPadもはあちゃんなりにすいすい使いこなしてしまい
難しいから・・・なんて先入観は一切ないようです。
触れたりさかさまにしたりゆらしたり・・・

c0152341_15245558.jpg

今はまっているのがお菓子を作れるプログラム^^

キッズ用にインストールしたものをすぐさまさわりまくり
考える前に手を動かし間違えたりしながらずんずん先へ進みます。

まだ読み書きもできないはあちゃんですが
好奇心だけがはあちゃんを動かしているんですね。
それを見ているとやっぱり子供はすごいなあと
感心ばかりのばあばです。
ばば馬鹿のお話で失礼いたしました^^

今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ  にほんブログ村住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村
by touryounoie | 2012-09-26 10:07 | ひとり言 | Comments(0)

c0152341_1311679.jpg


かつて昭和天皇がおしゃった言葉です。
柳宗民氏の著書「雑草ノオト」を何の気なしに図書館で借りてきて以来
やたらに雑草に目がいきます。
雑草ノオトのあとがきにも昭和天皇が雑草について語った冒頭の逸話が載っていました。

ブログに載せようとする魂胆もありカメラ片手に
建築中の現場の周囲を見回せばあるある・・・いろんな葉っぱや花が・・

今までただの草と思って何の興味も持たず通り過ぎてきた植物たち。
見れば見るほど調べれば調べるほど
雑草と言う名の植物は確かにありません。

現場の周囲の初秋の草花たちです。
調べましたよ^^
雑草ノオトには載ってないものもあり・・・
あくまでも私が調べた範囲でわかった気分なので
間違えていたらすみません・・・

c0152341_123684.jpg


左上の大きな画像に可憐なピンクの花を咲かせているのは「ハゼラン」
なんとハゼランは別名「三時花」と言って午後の三時過ぎから夕方までの数時間しか開花しないそう・・・
私が撮った時は現場の3時のお茶に合わせて行った時だったので偶然撮れたのです^^
不思議~~~☆

右下の大きな画像はお馴染みの「アカマンマ」これは調べなくても名前を知ってた。
でもそれ俗名らしく正しくは「イヌダテ」
雑草ノオトには「雑草にしておくには惜しい野の花のひとつと言える」とありました・・確かにカワイイ~

右上の4コマの小さな画像左上から時計回りに・・・
白い花をつけているのは「ワルナスビ」・・・だと思う・・・ちょっと自信ないです。
「悪茄子」と書くようです。
始末の悪い・・という意味らしく雑草の名前にはかなりこのような
困ったちゃんの名前がついているものも多くあります。

右隣の咲き終わったような黄色い花をつけているのは
「ノボロギク」
尖った葉っぱが特徴です。

その下は多分「ススキ」
ひっそりと遠慮っぽく・・・
小さいので違うのかなあ~~。
でも穂はススキだ。

ススキの左の画像は「ヤブガラシ」
これもまた困ったちゃん風の名前がついています。
つる性で庭いっぱいおおってしまうほど旺盛な植物。
まさにその名にふさわしい藪まで枯らす強健な生命力。
そして別名はなんと「ビンボウクサ」「ビンボウカズラ」
なんともかわいそうな呼び名です。
雑草ノオトにも載っていて
「嫌われる雑草中で最も始末に負えない雑草だが夏に咲くその花はよく見ると意外に可愛い花である」
確かに・・・・私もちょっと見たらアジサイの仲間かと思いましたよ。

さて今度は左下の4コマに移って左上から時計回りに・・・
ちょっとジャカランダ風の繊細な葉を持つこの植物は「カワラケツメイ」
おもしろい名前です。
何でも昔から健康茶として愛飲されているそう。
ポリフェノールを多く含み便秘解消などに効能があるらしい。
こんな風にお茶として・・・
c0152341_102687.jpg


いや~~こんなにいろんな植物がちょこっとの場所に生えているんですね。

その左の大きな葉の画像の植物は「タケニグサ」
「竹似草」とも書くそう・・・茎の中が竹のように中空になっていることからそう呼ばれているらしい。
この時期は地面を覆うように生えていましたが
春には2メートルにも及ぶ丈になり夏には茎の上に白い小花が咲くそう。
よく言えば和風モンステラの風情。

その下の丸い実が数珠つなぎになった植物は「ヨウシュヤマゴボウ」
今は薄緑色のこの実がそのうち真っ黒になる。
なんと有毒植物。
昔は黒く熟した実をインクの代わりに使ったそう。

最後の左下の植物はお馴染みの「ドクダミ」
我が家の家の周りにもいつもどっさり生えてくる。
引き抜くとぬるっと横に張った根がごそっと抜けてすっきり気分。
それでも辺りには独特の臭いがたちこめる。
昔からドクダミを煎じて飲む習慣はよく聞くお話ですね。
薬草としても有名なドクダミ・・・でも名前がやっぱりちょっと怖い。

とにくかくにも雑草とはなんと丈夫でたくましい植物でしょう。
雑草のように強く生きる・・・まったくその言葉にぴったりの強さとけなげさを持つ
すごいやつです。

長くなりました。
お付き合い下さりありがとうございました。

今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ  にほんブログ村住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村
by touryounoie | 2012-09-22 00:20 | 植物 | Comments(0)

c0152341_8591854.jpg


クボタ住建では写真撮影の時のインテリアコーディネイトでお世話になり
整理収納アドバイザーとしてもお付き合いさせていただいている村上直子さん

昨日は直子さんが定期的に開いているお家ショップ「kiki market」にお邪魔してきました^^
今回は私のお友達のお嬢さんで整理収納アドバイザーされている麻子ちゃんも誘って・・・

年のせいか人と人を引き合わせたくなってしまう悪い癖が・・・
簡単に言うとただのお節介おばさんです・・・^^
この人にこの人を紹介したらきっとその人の何かのプラスになるんじゃないかなあとか・・
すてきな人にすてきな人を紹介したくなってしまうのです。。。
夫に言ったら呆れ顔をされました^^
完璧なお節介人間だと自分でもわかっているのですが・・・つい・・・・・
これからますますひどくなるのかなあ。

いつも撮影でお世話になっているカメラウーマンのしのぶさん
kiki marketでフォトレッスンを開かれていました。

あいにくカメラを持って行かなかったのでショップの様子をお伝えできませんが
直子さん厳選の凝った雑貨が並びかなりの品揃えでした。
私には雑貨の扱い方がわからずましてやそれをどう飾るかなどのセンスがありません。
雑貨は置き方や大きさや種類を考えないと
ごちゃごちゃ風に見えてしまうと思うのですが
直子さんはどんな雑貨も素敵に並べてカッコ良く見せるセンスが抜群だと
昨日伺って再確認しました。

昨日の直子さんのお召し物の綿のベストも
ペンキがちょこっと飛んでいてペンキ屋さんかと思いきや
背中は可愛い水玉模様。
凝ったベストが可愛い直子さんのファッションでした。
カメラを持って行かなかったのが悔やまれます。

これは前に我が家の撮影時のときの直子さんのお姿☆
あんまり可愛いので撮らせていただきました。
チェックにストライプのシャツなんて私には到底できないコーディネイト。
このテイストのファッションコーデもお仕事されたらどうかしら・・
ここでまたまたお節介心爆発。
c0152341_9283686.jpg


お話元に戻します^^

私も何か買いたいなあ~と物色。
冒頭の写真のものをゲットしました。
クロスにくり抜かれた木の鍋敷きと益子焼きの白い楕円のお皿一枚。
今朝はパンだったのですぐにふたつとも使ってみました。

今日が最終日だそう。
連日相当賑わっているようです。
自分よりもずっと若い世代の方たちとお話していると
気のせいか自分もその中に入ったような錯覚におちいります。
そんな時間がとても楽しく・・・

「kiki market」かなり中身の濃いお店でした☆



今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ  にほんブログ村住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村
by touryounoie | 2012-09-21 08:59 | インテリア | Comments(0)

家のにおい☆

c0152341_8511972.jpg


ちょっと露骨なタイトルをお許しください^^

先日高尾のお客様のお家にお邪魔した時に
奥様からふとした感想をいただきました。
お引っ越しされてから早くも半年が経とうとしています。

「数日間家を留守にして戻ってきたときに家の中の空気がすっきりとして今までとは違うなと思いました」

私はそのお言葉に深くうなずくばかり。。。
そうだ・・そういえば我が家もおんなじように
留守中閉め切りであっても玄関を開け部屋に入った時に感じる空気はさっぱりしている。。。
洗濯物を部屋に干しても特有の臭いは全く感じないし・・・

今まで気がつかなかっただけでこれはかなり良いことだと
お客様の口から思いがけなくも知ることとなりました。

それは木の家のとても良い特徴だと思います。
部屋中に木があることで湿気を防いでくれているからに他なりません。
湿気は家を痛めてしまうだけでなく独特のにおいのもとになってしまう厄介なものです。
我が家も建て替え前は湿気の多い家でした。
ある日ピアノの裏側を覗いたらクロスが黒くカビて剥がれかけていました。

湿気は家の大敵ということですが日本は湿気の多い国でもありますね。
現在の我が家は以前と違い湿気を全く感じません。
そんな暮らしができていることにあらためて感謝しなければ・・・☆

木は自然からの贈り物。
本来持っている木の特徴を住宅の中でじゅうぶん発揮してくれています。
木は伐採され商品として一本の材木になっても
木は木なのですね。
大自然を家の中に取り込んでいるような気になります。

木の家の良さをそのような形で体感して下さって本当に嬉しく有難いことだと思います。
幾つになっても好奇心旺盛な私としては
今までの施主様にも同じようなことがおきているか早速現場検証に伺ってまいります^^

結果はまたこのブログで書かせていただきますね。

お邪魔した先で伺った貴重なお話・・・
私もお客様のようにもっと感性豊かに木の家の素晴らしさを
肌で感じ皆さまにお伝えしていきたいと思います。

今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ  にほんブログ村住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村
by touryounoie | 2012-09-20 08:51 | ひとり言 | Comments(0)

昨日は四月にお引き渡しさせていただいた
高尾のお家にお邪魔してきました。

二人のお嬢ちゃんたちがいつも飛びはねながらお出迎えしてくれます^^
昨年の暮れに初めて会った時よりずっとずっと成長されその姿に
子供が大きくなるのは本当に早いなあと感じます。

晴れたかと思ったら急にざっと雨が降ったりのお天気でしたが
大きく張り出た棟があることでその移り変わりを少し遠くから感じることができました。
そこで雨が降ってるのに・・・少し向こうで降ってる感覚。
ちょっと不思議な感じです。

そうです。
今日は帰りに立ち寄った高尾駅近くの隠れ家的なお蕎麦屋さんのご紹介です^^

お店の名前は「蕎麦と雑穀料理 杜々」。
「とと」っていう名前が可愛いです。

店内の様子と注文したお蕎麦などなど・・・
最近食事に行っても写真を撮ることを敬遠していましたが
ととさんのお店・・・ついつい撮ってしまいました^^

お席についてすぐ目に入った楊枝入れと薬味入れ。
おしぼりは豆しぼりの柄☆

c0152341_1436226.jpg


c0152341_13435991.jpg


なんと申しましょうか・・・・「おいしい!!!」です。
お店は数席しかないのですぐに座れたのはラッキーでした。
高尾でハイキングされたあと立ち寄られたと思われるリュック姿の親子さん連れ・・
おばさまたちのグループ・・・などなどもうお席はいっぱいでした。

そしてちゃぶ台に乗っかってるおにぎりがどうしても気になり
お蕎麦の前に注文して食べちゃいました^^
これがもう・・・絶妙。
五穀米のうちの何かでしょうか・・説明受けましたがすぐ忘れましたあ~。
そこにネギ味噌をつけいただいたのでした^^

お蕎麦は田舎風なんとか・・・というものだったので
これまたカツオ節のアラ削り風が付き
大根おろしに海苔がばらばらっと・・・
お蕎麦もひら打ちのような大きめの少し荒々しい形状。

食すればその荒々しさはいずこへ・・・
別に注文した「揚げそばがき」も絶品☆
とても品の良いお味の数々でした。

こうして思いもよらない風情のお店に出会うと本当に得した気分になりますね。
家からは遠いのでたま~にしか行けないと思いますが
その日の相方が「ここの全部食べてみたいですね!」全く同感。

お味やそのお店の雰囲気はそこに行かなければわからないものですね。
グルメ記事になってしまいました。。。。



今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ  にほんブログ村住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村
by touryounoie | 2012-09-18 13:57 | お店紹介 | Comments(0)

畑のおじいちゃん

この暑さは本当に一体いつまで続くのでしょう。
それでも季節は見えないところで確実に進んでいるようです。
朝晩はいくぶん過ごしやすくなってきましたね。

ついこの間まではあちこちでセミが飛ぶのを見ました。
洗濯物につっくいていてびっくりしたり
今ではそのセミの声も聞こえなくなり
今朝は我が家の小さな中庭にトンボを見つけました^^

ウォーキングの帰り道・・・近くの畑でも四季を感じます。
写真の白い花は畑の縁に植えたニラの花がすっかり伸びて・・・
真っ赤なトウガラシは日差しの中で元気そう。

ネコジャラシもよく見ると美しい。
そうそう・・・図書館から借りてる「雑草ノオト」ではこのネコジャラシの本名が載っていたわ。
「エノコログサ」何だかピンとこないです。
やっぱりこの穂はネコジャラシという名がぴったり☆

これから晩秋にかけ畑の周囲にはみ出すように
まっ白い小花がびっしりと咲くクジャク草も今はまだ蕾。

そして畑の隅には季節が終わり赤くしぼんだピーマンがひっそりと。。。

c0152341_1182074.jpg


我が家の近所は古くから住まわれている地元の方が多く
今でも畑をやっているお家も少なくありません。

ウォーキングの帰り道・・・
いつも朝早くからおじいちゃんが農作業をしている畑があります。
あいさつ程度の会話でしたが声をお掛けするといつもニコニコ優しい笑顔が返ってきます。
一日の始まりが気持ち良くなるちょっとした瞬間・・・
おじいちゃんの一瞬の笑顔に会えるのを秘かに楽しみにしていました。

最近お見かけしなかったので畑で草刈りをしていた家族の方に聞いたら
7月に亡くなられたと聞き驚きました。
いつもなら今頃まっ黒けに日に焼けた顔で黙々と畑仕事をしていたおじいちゃん。
知らずにいたことが何だかとてもショックでした。
畑の隅に枯れて束ねられたピーマンもきっとおじいちゃんが作付けしたもの。
この畑はすべておじいちゃんの手ひとつで
毎年毎年繰り返し作物を黙々と植え付けそして実りを迎えていました。

倒れる前日まで畑で作業をされていたそう・・・
寡黙なおじいちゃん・・・語らずともお顔に書いてありました。
きっと良い人生だったに違いないと思います。

秋と一緒に少し悲しい気持ちになった朝。
おじいちゃんのはにかんだような笑顔が忘れられません。

今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ  にほんブログ村住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村
by touryounoie | 2012-09-14 11:28 | ひとり言 | Comments(0)

クボパパ、クボママへ☆

いきなりこのタイトル^^
意味不明ですよね。

先日娘のお友達からあることでメールをいただきました。
私達向けにクボパパ様、ママ様って書いてあったので
何だかとっても嬉しい気分♪
ママになった今も可愛らしい彼女の顔が浮かんできました。

○○ママって言われ方があまり好きではなく固有名詞で呼ばれたい
という声も聞きますがママのさらにママである私にとっては
クボママって呼ばれることに何の抵抗もなくただただ嬉しい気持ち☆
子供たちがそれぞれ長く付き合えるお友達を持っていることも
良かったなあとお友達にも感謝です。

ちょうど息子のお友達からも転居のお知らせが届いていました。
わざわざ私達宛てに下さったお心使いを嬉しく思いました。
以前にも何度かご紹介した画家さんです。
転居はがきも可愛い鳥の絵が・・・^^
色使いもステキです。

c0152341_1359213.jpg


子供たちのお友達と交流できることはとても幸せなことだなあと思います。

家を見学に来てくださるお客様にも若い世代の方々も多く
皆さまからたくさんの刺激をいただいております。
人には年齢を重ねた素晴らしさももちろんありますが
若さという輝くばかりのオーラはその時だけのもの☆

若い方とお付き合いできることと言えば
整理収納アドバイザーの資格を取ってから
本当に多くの若いお仲間と知り合い切磋琢磨し合っています。
単に資格を取ったということ以上の宝をいただきました。

子供から学ぶ・・という場面も多々ある今日この頃のクボパパとクボママですが
いつまでも新鮮な気持ちで頑張りたいと思います☆

つぶやきにお付き合い頂きありがとうございました^^


今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ  にほんブログ村住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村
by touryounoie | 2012-09-10 19:40 | ひとり言 | Comments(0)

「和」を感じる家☆

c0152341_8145332.jpg
ニューハウス出版 「和の家」新スタンダードより画像転記

先日のはあちゃんシッターディに近所の図書館に行き本を借りてきました^^
小さな子供にとって図書館はお馴染みの本がいっぱい並んでいて
テンションの上がる場所ですね。

ついでに私も数冊借りてきました。
「和の家」というタイトルに弱いので7年前に発刊された
少し古い本でしたがやっぱりつい読みたくなります。
もう一冊は柳宗民著の「雑草ノオト」。
「ノオト」という言葉と表紙に美しい絵に惹かれて借りてきました。

借りた本を読んでいると
我が家も今の家を建てる時にさてどんな感じに・・・ということを思い出しました。
その時の記事がこちらにあります^^懐かしい~emoticon-0171-star.gif
なんとこのブログの第一声の記事に「和」という文字が・・・☆
画像が今日のとかぶってる!7年前も今も同じようなことをしております・・・

昔そのままの和風ではなく
機能的には「今」を取り入れ
空間は「和」の気に入ったところを取り入れる・・・そんなことが出来たらいいなあ~と
始めた家作りでした。

本には様々な和の手法が書かれていますが
先人の知恵や工夫が今の住宅でも生かせそうなことばかりです。
外国の家は基本的に個室を中心に間取りが作られていますが
日本の家は廊下のない田の字型が多く見られました。
部屋と部屋をつなぐのは引戸。
引戸は機能性も高く優れた伝統様式です。

家族の「和」を中心におおらかにおだやかに暮らす・・・
田の字型の家から感じる住まいかたです。

日本でも個室中心の家が増えとにかく部屋数があることを優先し
各部屋は小さくなっても個々の部屋に分けた間取りの家も多くなりました。

それでも今また家族が自然に顔を合わせることができるよう
間取りの工夫をする家が増えてきました。
施主様からのご希望にもそのようなことがとても多くなってきています。
昔の暮らしの空気感に戻りつつあるのでしょうか。

和の要素が強い住宅だけではなく洋風の住宅でも同じように
仕上げの材料や仕様こそ違いますが
引戸を多様したり廊下をなくしたりと「和」の要素を取り入れている家も数多くあります。

他にも気になるのが玄関までのアプローチ。
条件的にアプローチが取りにくい家でもできる範囲で
少しのワクワク感を・・・と思います。

私は茶道の知識はないのですが
以前テレビで見たことがある一場面。
お茶室に行くまでの庭からのアプローチ・・
お迎えする客人への細やかな演出が本当に見事でした。

そこまでは言わずとも条件下の中で出来る限りの工夫をすることで
家自体がさらに良く見えてきます。
建物だけではなく外と内とのつながりもとても大切だと考えます。
そんな時の雰囲気作りに樹木や植物が助けになります。
小さな鉢植えでも日陰に咲く花でも生き物がそこにあるだけで
家までがステキに見えてきます。

c0152341_9371125.jpg

神奈川県藤沢市F様邸玄関アプローチ

そして「雑草ノオト」。
この本から我が家の鉢の中を今覆ってしまいそうな勢いの植物の名前が判明!
「メヒシバ」。
どこにでも見かける雑草ですが名前は知りませんでした。
デッキの鉢もほうっておくと葉っぱから始まり最後に稲のようなものが現れます。

本にはその様子がこんな風に書かれています。
「夏から秋にかけて茎先が立ち上がりその先にススキの穂を小型にしたような細長い花穂をあらく広げる」

「取っても取っても生えてくる始末に悪い雑草だがその繊細な花穂が風に揺れる姿はなかなか優雅で
独特な趣がある」とも・・・・そうかな~~。。。

他にもたくさんの見慣れた雑草が美しいイラストと一緒に解説されていました。
はあちゃんのお陰で二冊の素敵な本とめぐり合いました^^

今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ  にほんブログ村住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村
by touryounoie | 2012-09-08 08:25 | ひとり言 | Comments(0)