棟梁の庭にも秋が・・・

毎年恒例の画像になりましたが
中庭のシャラノキが色づき始めました。

c0152341_95997.jpg


二階の窓から朝に夕に眺めるたび
窓から四季折々を感じうれしくなってしまいます。

建物も大切ですがこうして日々の楽しめる空間作りも
住まいの大事な要素かもしれません。

人はやっぱり自然からたくさん癒されてるんだなあと思います。
何も言わない景色が人の感情とは別のところにいて
そこにあるだけのものがたくさんのエネルギーを放っているようです。

今年新しく植えたトキワヤマボウシ。
ちょうど今赤い可愛い実をつけています。

c0152341_107524.jpg


そしてここにもこぼれ種から・・・

c0152341_1095194.jpg



千両の実も黄色からうっすら赤く色づいてきました。

c0152341_10113935.jpg


毎年繰り返される何でもない風景ですが
こころ安らぐ小さな棟梁の庭です。



今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

こちらもお願いします!ペコリ^^
 ↓ ↓ ↓
「棟梁のお家訪問」ブログ
by touryounoie | 2011-10-31 10:13 | 棟梁のお家から・・・ | Comments(0)

私の部屋☆

先日撮っていただいた私の部屋。
カッコ良く撮ってもらって嬉しくなりました。

c0152341_11335284.jpg


c0152341_113673.jpg


この部屋で一番気にいっているのはカーテン☆
部屋の窓にカーテン。
でも何でもいいわけでもなく
自分の部屋なので好きなものにしたい…
でもなかなか気に入ったカーテンが見つからないある日
やっと見つけたものの予算オーバー。
家を建てた直後はかなりお財布のヒモも固くなりますね。

それでも気になり何度も何度もこのカーテンを見に行っては
買わずに帰ってくること一年…

スミマセン…ここまで書いて放置しておりました><
忘れてしまったといいましょうか…
かなりキテマス私。。。


気を取り直し続きを…

カーテンのお話でした。
そうなんです。
ここに写っているカーテンを買うのに一年もかかってしまいました。
たった二窓分のカーテンなの予算オーバーとはいっても
とりあえずのものも買えず
ようやく知恵を絞り一窓に二枚作らず一枚で(真ん中が開かないタイプ)済ますことにして
少しでもお財布に負担のないようにしてようやく注文しました。

そんな風にしてやっとつけることのできたカーテンは
6年経った今も全く飽きることなく
反対に部屋に入ってこのカーテンの模様を見ると
とてもほわ~んとした気分になります。

買い物下手な私ですがこのカーテンだけは大正解でした。
好きなものがそばにあると気持が落ち着きますね!








今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

こちらもお願いします!ペコリ^^
 ↓ ↓ ↓
「棟梁のお家訪問」ブログ
by touryounoie | 2011-10-29 11:36 | インテリア | Comments(0)

最近の棟梁の動きというと一日・・もしくは二日ほどかけ
一人でお客様の現場にうかがうことが多くなってきました。
季節がらでしょうか・・・年末に向け皆様
お家の気になる場所をプチリフォームが相次いでいます。

先日の健康診断でもばっちり合格点をいただき
ますます元気いっぱいに天職に没頭する毎日です^^
(片や私は中高年特有の値がわんさか・・><)
以前はあまり良くなかった腰痛も今では何ともないようです。
雨の日も風の日も(どこかで聞いたような・・・?)
毎朝一時間仕事前にウォーミングアップ代わりに
歩いているたまものかもしれません。

今請け負っている現場を職人さんに任せ棟梁はひとりで待ってて下さるお客様のもとへ・・
いつもは一定期間決まった現場へ通うことが常ですが
このところ神奈川~東京と縦横無尽に飛び回っています。

今日もお客様と打ち合わせの電話をしていましたが
聞いているだけでとても楽しそう♪
一度お目にかかってはいるものの
すでにコミュニケーションはバッチリのようです。
夫の受け答えを聞いてるとなかなか面白いです。
「お好きな寸法で作りますから・・・
ええ・・そうです・・何段くらい必要ですか?
・・はい大丈夫ですよ^^」
こんなやり取りができてることが嬉しく思います。

お家の工事はあくまでもお客様が主役です。
もちろんそこにプロとしてのアドバイスは必要ですが
お客様が何を欲しているのか・・・
どんなことを不便に感じているのか・・・
そこに住まわれている方の暮らしにとって
一番良い方法を考えるのが夫の仕事。

こうして日々様々なご要望にひとつひとつ
いつも同じ姿勢で取り組む夫はやはり芯から職人なのだなあと思います。
寝ても覚めても仕事のことしか頭にないような・・・本当に幸せな人。

私はそんな夫を少しの緊張から解放して笑わすことくらいしかできませんが
笑いは疲れをすっ飛ばしてくれると信じています^^

笑いがある暮らしが何よりです。
私が沈んでいる時は夫が笑い飛ばしてくれます。
喜びも悲しみも笑って過ごしてきたように思います。

もちろんお客様ともいつも笑ってお話できるよう・・・それが一番ですね!







今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

こちらもお願いします!ペコリ^^
 ↓ ↓ ↓
「棟梁のお家訪問」ブログ
by touryounoie | 2011-10-27 20:47 | 大工さんのこと | Comments(0)

柚餅子☆

先日お客様からとっても珍しいお土産をいただきました。
石川県の輪島のご実家に帰省されていたそうです。

頂戴したのは「ゆべし」というものでした。
名前は聞いたことがあったのですが
懐石料理を食べたときに入っていたような…違うかな?…
でもそれがどんな形をしていて
どんなものかまでは全く知らず私にとっては
本当に初めて見るものでした。

柚餅子って書いて「ゆべし」って読むんですね^^
柚子がだ~い好きなので
どんなものが現れるのかとっても興味深々。

素敵な箱に入っています。
とってもおしゃれ!

c0152341_18284096.jpg


箱を開けて何が入っているんだろう・・わくわくです^^

c0152341_18292942.jpg


ええ~~!
柚子がそのまんまの形で入っている!
すごいものだ~・・・
初めて見るものです。

c0152341_1832310.jpg


この贅沢な柚子のかたまりをうす~くスライスして食べてみました^^
薄くスライスしたのに口に入れたら柚子の香りがいっぱいに広がって
お い し い ! ! !
柚子好きにはたまりません。

これを作るのは大変なんだろうなあ~などど思いながら
毎日すこ~しずついただいております。

ゆべしは他にもいろいろな食べ方があるみたいですが
私はこのシンプルな食べ方が気に入っています。

最近はワインにゆべしがよく合うことを発見し
ご満悦です。

うす~くうす~くカットして大事に大事に食べましょう☆

普段はなかなか口にできないものを
本当にごちそうさまでした!





今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

こちらもお願いします!ペコリ^^
 ↓ ↓ ↓
「棟梁のお家訪問」ブログ
by touryounoie | 2011-10-26 18:39 | 一品紹介 | Comments(0)

以前ご紹介しました
ナチュラルインテリアのコーディネートで活躍されている
tamiさん が我が家に来て「棟梁のお家」をバージョンアップしてくれました。

その様子は もうひとつのブログ ではご紹介しましたが
とても素敵に変身したのでこちらのブログでも
ぜひご紹介したくなりました。

tamiさんには我が家の和モダン風な感じを生かして
しかも家にあるモノを使って(かなりヒドイ注文ですね)
何とかして欲しい~~ってお願いしました。

いつも自分の好みというかあんまりステキとは言えない
配置の仕方も気になっていましたので
今回は是非tamiさんの手でどんな風になるか楽しみでした。
とは言っても素敵な置きものがあるわけでもなく
大きくなりすぎたモンステラが二鉢あるだけという過酷な条件。

それでもさすがtamiさんはやってくれました☆

カメラの今井さんも家の中をくるくると動きながら
そしていろいろなアングルから撮影してくださいました。

ちょっとおしゃれに見える「棟梁のお家」☆

いつまでもお話しているよりは
以下インテリア編写真をご覧下さいませ!

c0152341_16252321.jpg


c0152341_16282923.jpg


c0152341_163502.jpg


c0152341_16573037.jpg


c0152341_20503692.jpg


c0152341_16511852.jpg


c0152341_1649891.jpg


c0152341_20485476.jpg


ほかにももかわいい写真が☆

c0152341_16525489.jpg
c0152341_165340100.jpg
c0152341_1654275.jpg
c0152341_16553156.jpg



今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
by touryounoie | 2011-10-25 14:52 | 棟梁のお家から・・・ | Comments(0)

秋の借景

c0152341_84455.jpg


c0152341_895530.jpg


毎年この時期恒例の画像です^^
洗面所北側の窓からお隣のお家の庭を
我が家の庭のように毎朝眺めております。

う~ん♪♪♪やっぱりわざわざここに窓を作って良かった!
借景をするための窓です☆

この窓から四季折々の豊かな景色を感じることができます。
小さな窓から頂く恩恵は私たち家族にこころの潤いを与えてくれます。

借景はリビングの窓からも!
同じお家の庭です。

c0152341_8183412.jpg


リビングでロッキングチェアに座ってゆらゆらしてたら
何となく視界に入ってきました。
夫が知らない間に窓をあけたんだわ。
まるで額縁付きの絵のようです。

もう少し窓のそばへ・・・

c0152341_821171.jpg


もっと!

c0152341_821312.jpg


柿がいっぱい!
枝先では鳥がいっぱい!
熟した実を突いています。

いい光景だなあ~~~☆
ただただしあわせです。



今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

こちらもお願いします!ペコリ^^
 ↓ ↓ ↓
「棟梁のお家訪問」ブログ
by touryounoie | 2011-10-24 08:05 | 棟梁のお家から・・・ | Comments(0)

ある奥様から聞いた言葉が胸に残りました。
私たち夫婦より少し年上のご夫婦だけの暮らしをされている方です。

子供たちはそれぞれ独立して家を出てしまったあとにも
倉庫代わりのように子供たちの荷物が・・・
我が家と共通点も多くすっかりおしゃべりに花が咲いてしまいました。

奥様から伺うお話はうなずけることばかり。
「夫と二人だし子どもも家を離れているしもうこんなに広い家は要らないわ」
お掃除だけでも大変だし子供の成長に合わせて増改築やリフォームを重ねたので
耐震のことも気になってしまって・・・
2階の子ども部屋は全然使ってなくて倉庫のように荷物でいっぱい。
こんなに広い家なのに使っているのはこの居間と寝る部屋だけ。
「食べて・寝て・くつろぐ」部屋はそれだけでいいんじゃないかと・・・

そんなお話で盛り上がってしまいました。

その事がいつも胸に残っていたある日ある時・・・
私の妄想がまた一気にふきだしました!
妄想から現実へ・・これは妄想だけじゃいけないと思い
世の中のいまある現状のひとつとして
子供たちが独立したあとの夫婦の暮らしを考えてみようと思いました。

荷物があふれた全く使われてないお部屋。
なかなか出せない不用品の山。
その割に自分たちのいつも居る空間は暗く狭い。
これから歳を重ねていく上で助けになる設備機器のこと。

いろいろなことに思いをめぐらせました。
それは私が今までお客様のお家でも見てきた光景です。

発案!
「ふたりなら小さくてもいい家♥」
=少しのモノで豊かに暮らすための木の家=

ここに木の家が登場するのは意外かもしれませんが
歳を取っていくと昔暮らした故郷の家のような
なんでもない木の家が安らぎを与えてくれる・・・そんな気がします。

モデルハウスを兼ねている我が家にお越し下さった方が
「ほっとしますね・・どっしりと温かみがあって安心しますね」とご主人さま。
男性の方も家に対してほっとする場所を望んでらっしゃるのだなあと感じます。

これからさらに企画を詰めて(実際は自問自答しながら…ですが^^)
皆様に喜ばれるような内容にしたいと思います。

私のもう一方の仕事でもある「片付け」。
整理収納アドバイザーの中でもシニア世代に向け
これからの暮らしをさらに元気に楽しくするためにも
モノに振り回されない生活を!と
家の中の整理を提唱しています。

今は以前のように「モノをたくさん持つことが幸せ」から
「好きなモノに囲まれたシンプルな暮らしでこころ豊かに」と
価値観が大きくシフトしてきています。

家も同じです。
わざわざ新しく建て替えるのはなかなか・・・
そのような時はリフォームも良い手段ですが
大きすぎるお家には『減築』をお勧めいたします。

増築ではなく『減築』です。
小さく仕切られた部屋を広く大きく変えたり
使わない二階を思い切って無くし耐震構造に考慮した上で
部屋は温かみのある木で施し
階段の無い平屋暮らしを楽しむ・・・・などなど
『減築』によりそれまでの建物としての財産は減りますが
これからの暮らしのゆとりと豊かさを手に入れることができます。

次のライフステージは大より小?







今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

こちらもお願いします!ペコリ^^
 ↓ ↓ ↓
「棟梁のお家訪問」ブログ
by touryounoie | 2011-10-22 12:09 | 家作り | Comments(2)

経年変化を楽しむ☆

先日も書きましたが我が家の床や壁や天井の色合いが
新築当時よりもだいぶ深みが増してきました。
先日も今年の3月に竣工したお客様のお家に伺った時
同じ床材が我が家よりもずっと白く感じました。
白いままが良いと思う方がいるかもしれませんが
白から飴色に変化していく様子もまた格別の味わいがあります。

洗面所の壁に貼ってある無垢の杉板には
所々に傷が走ったり凹んだり・・・
ナラ材の床板には私がグリーンの水やりにこぼした
輪ジミが残っていたり・・・・
季節によってはは床板と床板の間に隙間ができたり・・・

それもこれもすべて愛着になっています。
嫌だと思ったことはありません。

輪ジミができたらやすりでこすってまたワトコオイルを塗ればそれで終わりです。
こすってもこすっても木が出てきます。
傷や凹みも気になれば同じようになおすことも出来ます。
つるっとした綺麗さは我が家には必要ありません。

別に荒っぽく暮らしているわけではありませんが
木は家の中でそうして変化し続けているわけです。

一緒に年を重ねている・・・・そんな表現になるでしょうか。

この家を建てようと思った時
私は特別に「無垢の木」にこだわったわけではなく
どちらかと言えば「和モダンの家」を建てたいと思いました。
私自身は建物の構造材よりも
「和モダン」な空間に憧れ
あれこれとインテリアなどを考える思いのほうが勝っていました。
特に女性は私のように目に見える空間を大事に考えるのかもしtれませんね。
家の雑誌を見ては夫に色々と自分の好みをを話していました。

いよいよ建てると決まりさてどんな材料で・・
私には全く知識がなくしかもその事が
家作りで一番大事なことだと後から知りました><

自宅建築に向けて色々と試算をしていく中で
夫の仕事柄「無垢の木」が一番身近にあり手に入りやすく
意外とリーズナブルだということは目からウロコでした。
しかも大工である夫の仕事が多いほど費用の負担も少ないわけで・・・
自分の手間賃は減らせても他の職人さんたちはそこまで減らせない。

そうだ!それはお客さまにも同じだ!と。
私たちの出来ることは大工棟梁である夫の手を多く使い
無垢の木という手に入りやすい材料を使うことで
お客様にも喜ばれる「安くてなおかついい家」が出来るのでは・・・
とその時初めて気づきました(ちょっと遅いですが^^)

自分の家を建てたことで自分たちがお客様に何ができるか
何をすべきかが分かった瞬間でした。

キッチンやトイレやお風呂などは
設備メーカーが日々競って商品を開発し
毎年のように新しいデザインや機能が生まれています。
それは機器であって家の造りとはまた別です。

設備機器とは対照的に家作りの要である家の骨組・心棒は
木造在来工法によって建てられます。
四季がはっきりしている日本の風土とそこに生きる木材を使い
今も先人の知恵を生かした工法がそのままに受け継がれています。

木造の家は柱や梁などの構造材が基本です。
その構造材を仕入れてそれを施工するのが夫の仕事。
今まで何十年もやってきた仕事です。
構造材が家の持ちを左右します。
出来あがった家ではなかなか見ることのない構造材。
見えないところこそが重要なのですね。

きちんとした仕入先からより安価に良い材料を買う目を持っていること。
その材料を最大限に生かし施工できる技術。
それが無垢を材料にしたいい家が安価に完成することに直結していると
私は理解しています。

自然の成り行きで「無垢の木の家」になった我が家。
劣化ではなく変化する家なのだと思っています。

私たちにシワが増えていくように
家も傷や凹みが味わい深さとなっていくような気がします。

古くなる=「痛む・壊れる」から「どっしり・落ち着く」安心にその意味が変わるはずです。

正しく施工された「無垢の木の家」はゆうに100年はどっしりとそこに建っています。
ずっとそこに建ち続ける家をこれからも作っていきたいと思っています。





今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

こちらもお願いします!ペコリ^^
 ↓ ↓ ↓
「棟梁のお家訪問」ブログ
by touryounoie | 2011-10-20 23:55 | 家作り | Comments(0)

平成17年に建て替えをしたクボタ住建モデルハウスを兼ねた
「棟梁のお家=自宅」も今年で6年目を迎えました。

木肌の色も新築当時から比べると味わいを増し
薄い色合いから深みを帯びた木の色に変わってきました。

「木」と一緒に毎日過ごしていると普段はその変化に気がつきませんが
住んでいる私達と暮らしの中にすっかり馴染んだ「木の家」です。

無言の木が私たちを優しく包んでくれます。
家族と一緒の安らぎに木がさらに癒しを与えてくれています。

住んでから6年。

木のぬくもり・・・本当に感じます。
言葉ではうまく表現できないのが正直な感想です。
体が嬉しがってる・・・・っていう言葉が近いかもしれません。

どっしりとした安定感が安心につながっています。
大事に大事に住まいたいなあと思う家です。

今回新たに「棟梁のお家」をモデルハウスとした
アルバムを作ることにしました。

先日撮影が行われました。

新着画像から。

c0152341_1223508.jpg
c0152341_12242865.jpg


ほかにも只今クボタ住建の冊子を制作中です。
ホームページをご覧にならなくても
手に取って見ていただけるものが欲しいなあと・・(今ごろ気づくなんて・・遅いです・・)
素敵に仕上がってきそうで今から楽しみです。

どちらも出来あがったらご紹介しますね!



今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

こちらもお願いします!ペコリ^^
 ↓ ↓ ↓
「棟梁のお家訪問」ブログ
by touryounoie | 2011-10-19 12:24 | 棟梁のお家から・・・ | Comments(0)

初めての模型作り☆

夫がついに?建築模型に目覚めました^^
・・・というか私が仕掛けました(バレたらどうしよう・・)
先日お客様がご自身で作られた模型を持って来訪され
申し訳ないやら嬉しいやら・・・
(お客様は自分で勝手に作っただけで・・と言ってくれましたが)
その模型がとってもお上手で私のような素人にも
リアルに家が見えてきて楽しかったのです。

夫にも作れるかな?と。
作れる?って聞いたら怒られました(笑)
模型が作れなくて大工が務まるわけないですよね。

ただし専門の人のように美しく!とはいかないとのこと。
そりゃあそうですわ・・・仕方ないです。

そんな訳で今プランを練っているお客様の図面の模型を私が見たい!
ちょっと作ってみたら?と言いつつ(悪い反応ではなかった・・・ので)
建築模型の材料を調べ抜け目なくネットで購入。

スチレンボードと言うそうです。
初めてなので全くわからずとりあえず三ミリ厚のものを買いました。

c0152341_1357037.jpg


縮尺をどうしようとあれこれ考えた結果400分の1にすることにしました。
私がサンスケを使い枡目を付け(本当のやり方がわからないのですが・・)
早速作業開始。
ちょっと心配な私。
何だか模型までごつくなるような気が・・

一回目は一階部分まで。
二回目は二階。
三回目は屋根&軒

祝☆完成!!!
初めてにしてはなかなかです。

左の隅に人影が・・(そこだけ参加☆可愛くできました)

c0152341_1452225.jpg

c0152341_1442465.jpg


模型作りはかなり楽しいらしく
時間があると晩くまで作っていました。
男の人って模型作りは童心に帰るようですね。

素敵なお家が完成です☆
本物はもっとすごいんだろうなあ~☆





今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

こちらもお願いします!ペコリ^^
 ↓ ↓ ↓
「棟梁のお家訪問」ブログ
by touryounoie | 2011-10-16 14:05 | 家作り | Comments(0)