棟梁の妻プラス
日頃は整理収納アドバイザーとして
ご依頼のお客様へ向けて片付けの作業をさせて頂いています^^

工務店のお客様としてご縁があった皆さまにも
収納のご相談はもちろんのこと
リフォームや新築前のお家の中のモノの整理も行っています。

せっかくの新しい住まいです。
新居と同時にスッキリした暮らしも是非手に入れていただきたい!
思い描いていたインテリアを実現するためにも
収納を生かし切るモノの置き方はとても重要です。

新居に引っ越しした時に何気なく置いた場所が
その後不便だとわかっても定位置となってしまうのはとても残念です。

家と一緒にどこに何があるかすぐにわかるような使いやすくて
スッキリとした部屋をご提供できたらと思います。

c0152341_222246100.jpg


リフォームや新築は片付け絶好のチャンスです!
でもご自分だけでするのはかなり大変なこと。
何を減らし何を残すか・・・・お話するうちに答えが出てきます^^

c0152341_2224161.jpg


ハード(建物)だけでなくソフト(暮らし)も大事。
両方の満足を手に入れていただきたいなあ~。
by touryounoie | 2011-01-26 22:00 | 現場から | Comments(0)

c0152341_1751540.jpg


キッチンがだいぶ形になってきました。
後は本体機器の取りつけを待つばかりです。
このキッチンの形状は対面式ですが
もうひとつ特徴があります。
それはキッチンの周囲が解放されている
「回遊型キッチン」

キッチンの周りをぐるっと一回りできます。
これが案外便利です。
シンク部はどうしても横に細長くなるので
どちらからもシンクの前に立てるのは有難いですね^^


c0152341_17172190.jpg


キッチン収納部分もパントリーが出来ました。
これもとても便利です。
奥行きは50センチ取りました。
幅は90センチ。
キッチン関係以外のものまで収まりそうな気がします。
そしてこの隣に食器棚(マルチストッカー)が置かれます。
その隣にレンジ台その隣にゴミ箱カウンターと並び
一番右に冷蔵庫となります。
横一列に必要なものがずらりと並びます。

キッチンのカラーはレモンイエロー☆
明るいキッチンの完成も間近です。
by touryounoie | 2011-01-25 17:16 | 新築☆藤沢の格子の家 | Comments(0)

足場を撤去しました☆

c0152341_1851283.jpg


シートで覆われていた新居の外観が初お目見えしました^^
スカッとしたガルバリウム鋼板の外壁が美しいです。
(場所の都合上置いた仮設トイレが見えちゃってますが・・)

c0152341_0273493.jpg


玄関へ行ってみると・・・
もうタイルが貼ってありました。
可愛いタイルですねえ~~。
お客様がとても気に入って数多くの中から選んだものです。
これから目地が入るところです。
よく見るとタイルが直線的でないので目地を入れると
線がゆる~く曲がってたりして優しい感じになります。
仕上がったらステキだろうなあ~~。

c0152341_18111763.jpg


玄関の中もすでに下駄箱収納が出来ていました。
後は可動棚を取りつけたり
建具屋さんが扉を付けて仕上がります。

c0152341_18132052.jpg


あっちもこっちも一気に収納が出来上がっていました。
「ここまで来ると早いよ^^」と棟梁の言葉。
本当に早いです。

足場が外れ家の中から視界を遮っていた現場シートが無くなると・・・
富士山がますますはっきりくっきり!
夫が最近発見したところによると
何と寝室からも富士山の眺望が!

なんとも羨ましい限りです^^
by touryounoie | 2011-01-23 18:18 | 新築☆藤沢の格子の家 | Comments(0)

夫が作る家はすべて木造軸組在来工法。
しっかりとした木組みの構造が建物をより強固なものする
日本古来からの伝統の家作りです。

太い木材ががっちりと組まれた梁や柱。
今はすでに仕上げの段階になりました。
天井を見上げた時の木組みの様子は貼られた天井板ですでに見えません。

見えない場所こそ見せたい気がする。。。
昔の大工さんは見えなくなる場所に
自分の印のようなものを残したと聞いたことがあります。
大工の誇りとでもいうのでしょうか・・粋なことをしますよね^^

今回の施主様も自然素材をご希望です。
壁は珪藻土もしくは無垢の木。
天井と床は同じく無垢素材のもの。
なので仕上がりつつある各部屋は「木」「木」「木」



c0152341_2365765.jpg


この一面だけヒノキを貼りました。
他の壁はすべてコールドグレー系の珪藻土になります。
c0152341_2382691.jpg


もちろん収納の中まで無垢の木を使います。
調湿機能がある無垢の木は衣類や寝具の収納材に適しています。
これで湿気とは無縁!
c0152341_2311119.jpg


寝室の腰壁も完成し今はテレビカウンターを作っています。
収納やカウンターはお客様の細かい要望にもお答えできます^^

c0152341_23114463.jpg


やっぱり「木」は優しい。
現場撮影のために行くのですが
なぜか長居してしまいます。
眺めていても飽きないのはどうしてかしら?
「木」の持つ魅力はそこに立って見て
肌で感じるものかもしれませんね。

言葉で言っても文章に書いても
何万分の一しか表現できないなあ~~。
by touryounoie | 2011-01-20 22:54 | 現場から | Comments(0)

今年も行きました☆

東京は新宿早稲田にある穴八幡様。
知る人ぞ知る有名な神社です。
その御利益は「融通の神様^^」
特に商売をしている人にとって
ここ一番という時にもお金がちゃんと融通されますように・・・
というのは私の解釈?
真っ赤な鳥居をくぐるとその先には急な階段が続きます。

c0152341_22534847.jpg



かなりの人が長蛇の列を作っていました。
それにしても寒~~い日。
吐く息も白くなるくらいのこの冬一番の底冷え。

c0152341_23232337.jpg


手にした「一陽来復」のお守り。
この三角のほうを天井近くの壁に貼り付けます。
毎年貼る方角が決まっていて
今年は真南に近い「巳午(ミウマ)の方角」

この方角はあの「恵方巻き」を食べる方角と一緒です。
共通な何かがあるんだ~~。

しかも貼る時間まで決まっていて
節分の日の午後0時。
その日は夜中にもかかわらず忘れないように時計と睨めっこ。
時計の針が進んでいたり遅かったりしてたらどうするのかしら?
まあまあ硬いことは言わずに
紙に書いてある通りに従うのも面白いものですね。
このイベントかなり楽しんでます^^

二つ並ぶ小さな方は夫と私の壊中用お守り。
お財布の中にいつも入れています。

c0152341_2253675.jpg


この紙がお守りと一緒に渡されます。

今年も2月3日。
寝ないで貼らなくっちゃ!



帰りに新大久保に行き(妹夫婦が連れてってくれるのです^^)
みんなで韓国料理を食べてきました。
その帰りにはこれも毎年のように韓国の食品を扱っている
「韓国市場」に寄ってキムチなどを買い込んできました。


c0152341_23201517.jpg


おなじみ韓国のりと今回は初めて
「コーンのお茶」を買いました。
コーン茶は今とっても注目されているそうで
昼食のお店でもコーン茶が出てきました。
トウモロコシ茶ということです。

家で温かくして飲んだら
まるで「ポップコーン」を飲んでいるような不思議な気がしました。
そういえばポップコーンってトウモロコシから作るんだったっけ。
とっても身体に良いんですって!

そして外せない買い物はやっぱり「キムチ漬け」
これ本当に美味しいのです。
白菜も本場韓国特有のもので
シャキシャキとして本当にオイシイ!!!

c0152341_23271786.jpg




今また再び韓国ブームがきているようで
新大久保の町はとっても賑やかで活気に満ちていました。
イケメンボーイズがたくさんいるのか
おばちゃん達よりも若いお嬢さんが多かったです。

歩いている人の携帯電話でも
韓国語が普通に飛び交う不思議な街。

来年もまた美味しいキムチ買いたいなあ~。
by touryounoie | 2011-01-17 22:54 | ひとり言 | Comments(0)

夢を形にする仕事☆

工事が着々と進む現場です。
下地から仕上げに掛る過程に入り
私が写真を撮りに行くたびに
素人目にも出来上がりの部屋の様子が想像できてきました^^

何も無かった空間から
お客様の描いていた夢の家が
こうして形になっていくのを間直に見ていると
夫がこの仕事に携わっている責任と誇りを感じます。

お客様にとって家作りは夢を現実の形としていく
一番大きな仕事かもしれません。
見た目の姿形ばかりが良くてもそれはいい家作りとは言えません。
お好みの形やスタイルはもちろんのことですが
一番大切なことは
「ずっと安心して住める家」です。
家作りはお客様のいのちを守る場所でもあるわけです。
夫が見えないところまで気を抜かないのも
そんなところにあると思います。
もっと言えばお客様の命を預からせて頂いている仕事です。

そこに住むお客様が毎日を快適に過ごすことが出来る家。
年が経過するごとに味わい深さを増して
どっしりと家族を包んでくれる家。

夢を一緒に語り合い
それを実現していくためのパートナーとして
いつも私たちまで幸せな気持ちになります。

今日はまたひとつ新しい材が現場に・・・

c0152341_1182156.jpg


寝室の腰壁です。
奥様のご希望で節目が美しいヒノキ無垢材です。
寝具はベッドということですので
当初は全面珪藻土の予定を変更し腰壁仕様にしました。

ひとつひとつの場所の材もお客様と相談して
御希望やアドバイスを繰り返しながら
最善の仕様を考えていきます。

家に対する思いや夢をお聞きしていくのも
とても楽しい時間です。

形になったお家。
春が来る前には完成です^^
by touryounoie | 2011-01-15 11:08 | 現場から | Comments(0)

派手ではないけど美しい冬の花。

家の前にある近所の方の畑。
ロウバイが見頃です。
私にしてはうまいこと撮れました^^
青空にくっきりと!
花びらのツルっとした感じわかるかな?

c0152341_22404473.jpg


ロウバイの花は恥ずかしがり屋?
下から覗かないと花弁が見えないです。

カメラを逆さまにしながらもう少し下から覗いて・・・

c0152341_22432065.jpg


ロウバイの名前の由来は
蝋のような容姿からだそうです。
朝の陽の中でよーく見るとつるっとした感じで
蝋の透明感によく似てる。

c0152341_22454636.jpg



その隣にはウメ。
こちらも今が見頃です。

c0152341_22494944.jpg


c0152341_22465656.jpg


ちっちゃくてカワイイ^^
枝に蕾がプクっと誕生しました。
カワイイけどこの寒風に強いエネルギーを感じます。

いつもの散歩コース、引地側沿いにはスイセンの群生。
秋には真っ赤なマンジュシャゲが咲いてた場所。

c0152341_22541725.jpg


近くで見ると実に美しい。
シンビジュームのようなまっ白なスイセン。

c0152341_22564294.jpg


別のスイセンをズームすると・・・
よく見かける中心が黄色いスイセン。

黄色が見え始める前の段階。

c0152341_22583539.jpg


これが花開くと一気にパア~ッと黄色!

c0152341_230145.jpg


こんな風に観察したこと無かったなあ~~。

身近にはたくさん美しいものがありますね。

今日も元気をもらいましたよ^^
by touryounoie | 2011-01-14 22:49 | 植物 | Comments(0)

富士山が見える現場☆

c0152341_21393892.jpg


晴天続きの神奈川です^^
夫は帰ってくるたびに「今日も富士山がキレイだったよ」と。
この景色は現場1階西側からの眺望です。
実際は画像よりもずっと近くに見えますよ^^

室内で仕事をしていると現場シートが掛っているので
よく見えない外の景色も
いったん外へ出ると本当に見事な富士山が目に飛び込んできます。

2階からの眺望はさらに見晴らしも良く
お客様が2階をリビングにして欲しいという御希望も納得できます。

この景色を毎日見ながら食事ができるなんて
もう~~うらやましい~~~☆

特に夕闇に写る富士山はそれはそれは美しいそうで
お客さまも今からとても楽しみにされています。

西側の窓は大きく取って
どこにテーブルを置いても富士山が見えるようになっています。
リビング西側の窓続きにはデッキも予定されていて
まるで富士山を見るためのお家のようです。

それにしても富士山って本当に美しい姿ですね!!!
by touryounoie | 2011-01-13 21:49 | 現場から | Comments(0)

外壁ガルバリウムその2

外壁のガルバリウム貼り作業ももいよいよ終盤になってきました。
南側と西側はご覧のように溝を細かく加工してあるものが貼られています。

イッツ!ビューティフル~~☆
美しい仕上がりです^^

c0152341_20253477.jpg
c0152341_2025598.jpg


すでに殆ど全面貼り終えていました。
後は角角の始末やら細かい仕上げを残すのみという状況です。

鋼板のカラーは銀黒。
この色がお客様にとても人気があるのです。
これから作るデッキの色であるこげ茶との相性もとても良くて
全体的に引き締まった印象になりますね。

貼り終えた外壁が現場シートの隙間からもカッコ良くチラチラ見えています。

c0152341_20312022.jpg


暮れに続き年明けも晴天続きで作業は絶好調!

室内では天井張りの真っ最中でした。
杉板の香りがいいわ~~。

c0152341_20335155.jpg
c0152341_20342368.jpg


真ん中には大型空調機が付けられます。
c0152341_20345514.jpg


c0152341_2035563.jpg


1階の部屋はすでに天井張りは終了。
2階の2部屋の吹き抜け部分を残すばかりとなりました。

いよいよ家らしくなってきましたね^^
今月末にはキッチンも搬入される予定です。
内部仕上げもきっちりしっかりの作業が続きます。
by touryounoie | 2011-01-12 20:39 | 現場から | Comments(0)

ガルバリウム外壁貼り

新年も現場工事は順調です!

ちょっとマニアックな画像☆
東側&西側外壁昨年暮れに終了しました。

c0152341_161239.jpg


この貼り方は平貼りというらしい。
10センチごとくらいに小さな溝を作り模様にしている。
この反対パターンも有りです。
パターンを好きなように選べるのも
板金施工ならではのこと。
大きな一枚のガルバリウム鋼板を
機械加工で好きな模様にできる。

溝が少ないほどガルバ板自体の消費量が少なくて済み
もちろん製品価格もリーズナブルに・・・ということになります。
逆に細い溝がたくさんになると鋼板も半端なく使うことになるので
価格は高くなる・・・という計算です。
カーテンに例えると2倍ヒダと3倍ヒダの違いという感じです。

今回は道路から見えにくい場所は価格を抑え
見える場所は加工の美しい細かい溝の外壁となります。
職人さんの手間は変わりませんが
鋼板自体の価格を上手く調整しながら
予算に合わせていきます。
柔軟な予算調整ができるのも
小さな工務店の腕の見せ所ですね^^

今は西側&南側のガルバを板金屋さんが
一枚一枚丁寧に貼っています。

それにしても板金屋さん、
ガルバリウムを貼る前の作業が実に大変そう。
角の部分や縁取り?の加工にとっても時間を費やすのです。
硬い鋼板を折り紙のようにキチンキチンと始末をして
はじめて綺麗な仕上げになるんですね。
職人さんが「貼るまでに時間がかかるんですよ」と苦笑いしてました。

銀黒のカラーがカッコイイですね。
今からその全貌が楽しみです^^
by touryounoie | 2011-01-10 16:18 | 現場から | Comments(0)