100年前の家

定期的に送られてくる住設メーカーの冊子に
毎回登場する「21世紀に遺すもの」というシリーズがあります。
今回は築100年の家。
文京区にある旧磯野家(サザエさんのお家ではないですよ^^)
通称「銅(アカガネ)御殿」

大正元年(1912年)に建てられた3階建ての住宅です。
この家が凄いのと思ったのは屋根と外壁です。
当時は瓦屋根が主流だったはずですが
その時代に「耐震性と耐火性」をすでに考慮して
材料となるものには軽さを重視し
屋根は銅板葺き・壁は銅板張りになっているのです。

そのせいか見た目もすっきりしている外観ですね。
c0152341_22202463.jpg


今、家をリフォームする時に耐震工事を一緒に行う方が増えていますが
昔の重い瓦を降ろすことも耐震性を高めるひとつの指針になっています。
この家はその事を100年前からわかっていた・・・ということになります。

完成まで8年もかかったこの御殿。
部屋の中の壁は圧巻です。
なんと11層も塗り重ねられているそうで
関東大震災でもヒビが入らなかったそう!
ここまで手間隙かけて念入りに作ることが出来た時代だったのですね。
100年経った今も寸分の狂いもないとは
なんという耐久性でしょうか。

それにもうひとつ。
とってもステキな工夫が施されているところがあるんです。
それは天井。
c0152341_2229371.jpg


写真から撮ったので不鮮明ですが
ここに書いてあるように木の節穴がそのまま換気も兼ねているそう。。。
なんておしゃれで粋な考え方なんでしょう^^
天井の四隅に配すことによって自然の換気を実現させています。
ついでに穴の脇からはケヤキ板の厚みも観賞でき
当時の職人の大胆な発想と遊び心が満載です。
こんなこと考えつかないなあ~~ステキ☆

100年経過しても凛として建つたたずまいが素晴らしいです。
by touryounoie | 2009-06-28 22:46 | ひとり言 | Comments(2)

オーニングで快適に☆

最近「棟梁のお家訪問」?も含め
我が家を訪れる方が多くなりうれしい限りですemoticon-0115-inlove.gif

そのため半強制的に部屋を整えておく必要があり
お陰様でお掃除にも精を出す日々です。

空気の流れを意識し、この時期は特に風通しに気をつけています。

来て下さった方々に意外と評判が良いのが
オーニング(日除け)です。
この家を建てる時にモニター感覚で取り付けたもののひとつですが
いや~結構イケますemoticon-0128-hi.gif

朝撮ったので東から太陽が照りつけ日除けになっていませんねemoticon-0107-sweating.gif
でも太陽が昇ってくる日中はやさしく陽をさえぎってくれます^^

c0152341_865124.jpg


こちらはオーニングをクローズした状態。

c0152341_810882.jpg


日除けがあると何となく精神的にも安心感があるような気になります。
ちょっぴりおまけのリッチな気分。

オーニングと検索すると沢山の種類の商品を探すことが出来ます。
我が家は仕事柄トステムの商品にしましたが
外国製のものも可愛いのがたくさんあります。
ストライプ柄のものも楽しくていいですね。

c0152341_815259.jpg


しっかり格納。
c0152341_8161346.jpg


c0152341_8171318.jpg


今年も活躍する季節がやってきま~す!emoticon-0157-sun.gifemoticon-0157-sun.gifemoticon-0157-sun.gif
by touryounoie | 2009-06-23 08:15 | Comments(2)

タブの木

c0152341_17144173.jpg


毎日のように通る道に大きな大きなタブの木があります。
地元のシンボルツリーといってもいいでしょう。

樹齢が500年って気が遠くなるほど昔からここに立っているんですね。
立派にそびえたっています。

正面から見るとちょうど坂道の途中なので根元からは見えませんが
存在感がすご~いです。
c0152341_17191629.jpg


c0152341_17201162.jpg


ついでにタブの木って家や家具の材料に使われているのか
調べてみました。
まずはタブの木は広葉樹ということがわかりましたが
そこで私は???針葉樹と広葉樹の区別がつかないことが判明emoticon-0107-sweating.gif

調べてわかったことは
針葉樹はその高さを利用して柱など家の材料に主に使われ、
一方広葉樹は木の太さを利用し家具などに使われることが多いそう。
広葉樹のリストを見ると無垢板にぴったりのものばかりだわあ~。
そして針葉樹は柔らかく広葉樹は硬い・・・ふむふむemoticon-0144-nod.gif

それにしても大工のヨメとして今頃知るとはちょっとねえ~~。。。
違いがよくわかるサイトを見つけましたよ^^

ここにも沢山の種類の材木がわかり易く載ってます。
小さい見本だけどこれがタブの木。
一般的にあまり馴染みはないけれど
きっとテーブルなどの材料として使われているのでしょうね。


c0152341_17281399.gif


タブの木のお陰で
今日はたくさんお勉強出来ましたemoticon-0115-inlove.gif
by touryounoie | 2009-06-17 17:26 | ひとり言 | Comments(0)

c0152341_20474194.jpg


ヤッホー!!
ついに我が社にもA3用紙対応の複合機が登場☆
建築業だというのに今までなかったのが変だったかな?

これでA3の図面コピーの為にコンビニに走らなくてもよくなったemoticon-0142-happy.gif
夫が行ったり私が行ったり忙しかったなあ~~。。。

A3サイズのFAXも送れるし本当に便利になりました。
FAX専用回線も思ったほど費用がかからないことがわかり新規に登録。
新規接続費用が¥2,100であとは毎月500ほどの負担で
済むんですねえ~~
もっと費用がかかると思って・・・勉強不足でしたemoticon-0106-crying.gif

この複合機がとっても便利モノ。
何枚も送信するときは自動原稿送り装置にお任せすると
セットさえすれば勝手にどんどん送信が始まる~~
こんなことならもっと早く買えばよかったなあ。。。
今頃喜んでいるようでは時代についていってないのかしら?

ガイドを見てあとは何が出来るのか
しっかり確認しなくちゃネemoticon-0157-sun.gif
by touryounoie | 2009-06-12 21:04 | 一品紹介 | Comments(0)

自然賛歌☆

我が家のシンボルツリーであるシャラの木に
真っ白い花が次々と咲き始めました^^
ぱ~っと開かずになんとも奥ゆかしい限り・・・
ヒメシャラもステキですが
私はまあるい葉っぱのシャラの木が
とっても大らかで大好きですemoticon-0115-inlove.gif

今が一番いい季節。。。
ついつい写真の枚数が多くなります。
c0152341_2131127.jpg


小さな箱庭のような場所には大きすぎるほど
立派に育ちました。

c0152341_21312029.jpg


c0152341_2135462.jpg



ついこの間まで葉っぱが一枚もついていなかったとは思えない!!
緑のシャワーが嬉しい!
二階からも眺めてみよう^^
左に見えるのはシマトネリコ、葉の先に萌えているのが花らしいです。
初めて見るシマトネリコの花^^
c0152341_7562889.jpg


こちらも白にライムがかった小花の群生。
カシワバアジサイです。
このごろよく庭先で見かけるようになりましたね。
ホワイト+ライムに弱いんだなあ~~emoticon-0136-giggle.gif

写真はアップでわかりませんが筒状に咲くアジサイです。

c0152341_21402426.jpg


新緑の季節に真っ白な花がまぶしく感じます。
見ているだけでもシアワセ気分。
自然が作り出す色・形・・・ぜ~んぶ素晴らしいなあ~~
自然賛歌!!
by touryounoie | 2009-06-11 21:29 | 植物 | Comments(0)

夫が息子に
「確認申請が受理されたら一気にどんどん進んでいくよ」
と言っていた言葉通りに様々な工事のスケジュールが
押してきました。
最初の地鎮祭に続き地盤改良工事。
その後少しして基礎工事。

建築する地元の氏神様の神社にお願いしました。
勉強不足で今回初めてわかったことは
六曜(大安とか仏滅など)の中の「赤口」という日は
ご祈祷を避けることになっているそうです。
知らなかった~~。。。

三年前の我が家の地鎮祭と同じように
お米・お酒・塩の他海のものや野菜・果物などを用意します。
夫兼棟梁は竹4本・しめ縄・砂山の準備をし
当日鍬入れの道具も忘れないように。。。
神主さんからは他に
荷物を置くゴザのようなもの・足元が悪くならないようシートなど
細々としたことまで丁寧に説明していただきました。
夫は何度も行っているので頭に入っていますが
息子夫婦は初めて・・私は大まかなことしかわからず
神主さんの親切な説明はとても有難いです。

これから梅雨に入ります。
雨が心配になってきました。
ずっと晴れとはいくわけもなく
行事や工事の妨げにならない程度のお天気であることを
願うばかりです。
by touryounoie | 2009-06-04 17:29 | Comments(2)