鎌倉の家☆竣工写真撮影日

鎌倉のお家。
お引越し直前に竣工写真を撮らせていただきました。
撮影はもちろんしのぶさん☆
もうずいぶんと長いお付き合いになりましたね。
私よりももちろんず~~~~っとお若いしのぶさんですが
私よりもずっと落ち着きのある聡明な方です。
笑顔がとても素敵で撮影中もとても気持ち良く
そして風のようにすすっと部屋から部屋へ^^
身のこなしが実にスピーディ。

という訳で私もすっかりカメラマン気分になってしまい
素敵に完成したお家にどうしてもシャッターを切ってしまいます。
シナ材で作ったキッチンの扉も色付されてなんだかとてもレトロな雰囲気でいい感じですね。

c0152341_23241373.jpg


どうしてもつい梁を写してしまいます。
大きな梁は圧倒的な存在感。
お家が完成した後もこうして表わしで見える梁。
無垢の木の大きな懐に守られている・・そんな気がしてきますね。

c0152341_23242563.jpg


リビングに奥行きの浅いニッチ。
携帯電話の充電コーナーかな。
ちょこっと置きに何かと便利に使えそうですね。

c0152341_23243972.jpg


トイレのペーパーホルダーや洗面所のタオル掛け。
施主様ご自身で用意されました。
それぞれのお家の小物にも個性があって
皆さま自由に好きなテイストを楽しんでいらっしゃいます。
そういうことってすごくいいいな~って思います。
だって自分のお家ですもの。

レトロチックな白い鉄の素材。
とっても可愛いですね!

c0152341_23261331.jpg


玄関の土間からのもうひとつの入り口。
ウォークスルーになっているので動線も完璧ですね。
扉一枚向こうに大容量の収納スペース。
動線に沿ったところに収納場所を作ることで
モノが収まり無理なくすっきりした暮らしができますね。

c0152341_23262675.jpg


階段の吹抜けの上部に配置した天窓。
図面を見ていた時にはこんな効果的な天窓になることまで想像できなかった私。
当たり前ですが家ってやっぱり立体です。
平面図だけではわからないことがいっぱいです。
夫や設計士さんは図面の段階でこの立体を想像できるようですが
私は実際に建ってみてうわ~~すごい!となります。
その時のワクワク感がたまらないのです。

c0152341_23263859.jpg


我が家と同じスリッパ入れをと施主様からご依頼がありました。
奥行きはほんのわずか。
そしてスリッパを入れるために斜めに仕切りを。
一番上だけ平らなのはなぜ?
答えは一番上の棚は宅配便用の印鑑などを置く場所にと夫が提案。
鍵などと一緒に小さなBOXに入れておくと便利そう^^
ほんのわずかなスペースも使用目的がはっきり決まっていることで
モノが散らかりませんね。
暮らしやすくお家が片付くコツは
「使うものは使う場所に」
暮らしの動線がスムーズになると自然と片付きます。
動線通りにモノが出し入れできると
ストレスなくしまったり出したりできますね。
それこそがお家すっきりの秘訣!
あっ!片付けのことを言いだすと止まらなくなる~~☆

c0152341_23265022.jpg


c0152341_232776.jpg


c0152341_23272225.jpg


ロフトの床材はいつもどの木を使うかこちらでおまかせ。
今回は栗材に。
ロフト床も無垢仕上げで心地よい空間。
せっかくできる屋根裏空間を利用しない手はありません。
クボタ住建ではほぼ全棟がロフト有りのお家です。

c0152341_23273341.jpg


c0152341_23274564.jpg


c0152341_23275711.jpg


何回見てもついたくさん写真を撮ってしまいます。
「無垢の木の家」は一年ごとに床の色も変化していきます。
今は生まれたばっかりの色。
これからボクちゃんの成長と一緒に少しずつ手に馴染むように
施主様のお家の色になっていきます。
その変化も楽しんでいただけると嬉しいです☆



クボタ住建のホームページはこちらです☆

今日も読んでくださってありがとうございます。
妻がブログ村に参加してます^^
ポチっとが励みになります!
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ

にほんブログ村
by touryounoie | 2016-11-01 23:24 | 新築☆鎌倉の家 | Comments(0)

棟梁の家も今年の夏に12年目を迎えました!!


by touryounoie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31